« ハルヒ神学vs.長門神学(4):長門詩篇Ⅱ「銀河の彼方にかえりたい、かえれない」(宇宙人三人娘の合唱) | トップページ | ハルヒ神学vs.長門神学(5):長門詩篇Ⅲ「運命が扉を二度叩いた日(前篇)」 »

2019年1月 6日 (日)

夢の現象学(155):初夢はメモできず、インターネットメディアの取材に応じたような記憶の巻

■2019年1月1日。夢を見たが、寒い季節の通例でメモを怠たり、記録は3時間後。

 レム睡眠時の夢であることは確かだが、殆ど思い出せない。
 覚えているのは、何やらインターネット・メディアの取材に応じたので、送られてきた原稿をチェックしなければならない、といった話が入っていたような。
 思い出そうとしているうちに、かなり以前に見た別の夢の記憶らしきものが、微かに浮上しつつある気配。それは、ジェンダー論についての記事だったような。
 いつもながら、夢を想起しようとしているうちに、過去に見た別の夢らしき記憶が、そしてさらに過去の夢らしき記憶が‥‥というように、芋蔓式に記憶の断片が浮かび上がってくるーーというか、浮かび上がる前段階の、水面直下まで来ているのが感取される、という程度のもどかしい感覚なのだが、とにかく、夢はけっしてその夜限りの断片的なものではなく、夢同士が底の方でつながりあっていて、堅牢な構造をなしていることの、またしても例証のような夢だった。
■インターネット取材と言えば、現職時代に生命圏環境科学科で教務主任をしていた当時の、幾分かほろ苦さの混じった思い出が連想される。
 3月末ごろだった、確か、ニフティ関係のメディアだったかが、あなたの研究室の記事をニフティで紹介したいので、4月1日~3日のどれかの日程で電話取材したい、という電話をかけてきた。女性の声だった。
 4月冒頭のこの3日間は、入学式を間に挟んで教務主任は一日中ガイダンスにかかりきりの期間だ。最近の大学の日程にも無知なのかと、正直腹が立ってきて、とがった声でにべもなくことわったのだった。
 夜に自宅の方に電話してもよいとも言っていたが、自宅にまで仕事を持ち込みたくないと、これも尖った声で断った。
 いまから思えば、無理をしてでも応じればよかった。その方が、大学にとっても自分の研究にとっても広報の足しにはなっただろうにと、リタイアして以来、研究室取材を受ける機会もなくなった、今にして思うのであった。
●●●【参考文献】『夢の現象学・入門』(渡辺恒夫著、講談社新書メチエ、2016)●●●
 
 

« ハルヒ神学vs.長門神学(4):長門詩篇Ⅱ「銀河の彼方にかえりたい、かえれない」(宇宙人三人娘の合唱) | トップページ | ハルヒ神学vs.長門神学(5):長門詩篇Ⅲ「運命が扉を二度叩いた日(前篇)」 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/67545116

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(155):初夢はメモできず、インターネットメディアの取材に応じたような記憶の巻:

« ハルヒ神学vs.長門神学(4):長門詩篇Ⅱ「銀河の彼方にかえりたい、かえれない」(宇宙人三人娘の合唱) | トップページ | ハルヒ神学vs.長門神学(5):長門詩篇Ⅲ「運命が扉を二度叩いた日(前篇)」 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

人文死生学研究会

無料ブログはココログ
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31