« フッサール心理学(51):涼宮ハルヒは自我体験の夢を見たか | トップページ | フッサール心理学(52):人文死生学研究会(番外編)のお知らせ »

2018年10月30日 (火)

夢の現象学(150):ハルヒワールドに何やら関係ある夢を見たの巻

■2018年10月28日(日)
 夢を見たが、メモしようと思った時点ですでにぼんやりしてしまっていたので、とりあえず、ぼやけたままに以下のようにメモしておいた。

 ハルヒ 二択の一
 K(氏名) バイオ実験 黒地に白い字
 高知大正門 自転車(or車を運転か?)
 ハルヒシリーズ第3期
 ハルヒワールドが背景になっているようだった。
 二択の一というのは、『涼宮ハルヒの消失』に出てくるのだが、主人公のキョンと呼ばれる男子高校生が、ハルヒが消失して代わりに人間の少女になった長門有希との平穏な「改変世界」を選ぶか、それとも元の、銀河を統括する情報統合思念体の対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド型インターフェース(笑)であった長門と共に、ハルヒが無意識に生み出す超常現象の解決のために奔走するてんやわんやの「元の世界」を選ぶかの、二者択一を迫られるシーンに関係していたような気がする。
  次の黒地に白い字というのも、同じ映画に出てくるシーンで、元の世界の長門が、本に挟んだ栞の裏側に、改変世界からの緊急脱出プログラムを入手する方法を書いておいた、それをキョンが読む場面を思い出させる。
 次に、なにやらバイオ実験の現場に立ち会っていたような。元の大学の同僚でバイオの専門家のK教授もいたような。
 場面が跳んだのか、バイオ実験を(K教授と私が数年前まで在籍していた東邦大ではなく)、高知大でやっていることになっていたのか、高知大正門の光景が出てきた。(今まで何度も夢に出てきた)そのだだっ広い近辺を、自転車か車を運転して走っていた。
 最後の、ハルヒシリーズ第三期というのは、アニメではこのシリーズは第二期までしか出ていないが、『消失』以後の原作は続いていて、アニメ版第三期への期待がネット世界にあるので、それに影響されたのだろう。
 あるいは、この夢自体が、ハルヒシリーズ第三期の一部、ということかもしれない(画像は西宮市立中央図書館でのキョンと長門有希)。

Nagatokyon_toshokan

■付記 ハルヒシリーズファンにそっと秘密ネタを教えます‥‥
 下記の『人文死生学宣言』という本の執筆陣には、「消失世界」で涼宮ハルヒと古泉君が進学した高校のモデルとなった学校の先生が加わっています。
 今度会った時にでも、2003年ごろに涼宮ハルヒと古泉一樹という生徒が在籍していなかったか、尋ねてみるつもりです。
 もし在籍していたら、この現実世界とは「消失世界」であり、長門有希は世界を改変したのではなく元に戻したのであり、ハルヒの力によって宇宙人製有機アンドロイドにされていた自分を、元の人間に戻したのだという、「長門戻った説」(三浦、2018、p.161)が正しいことになるのです!?
●●●『人文死生学宣言:私の死の謎』(渡辺恒夫・三浦俊彦・新山喜嗣/編、春秋社、2017)好評発売中●●●

« フッサール心理学(51):涼宮ハルヒは自我体験の夢を見たか | トップページ | フッサール心理学(52):人文死生学研究会(番外編)のお知らせ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/67329966

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(150):ハルヒワールドに何やら関係ある夢を見たの巻:

« フッサール心理学(51):涼宮ハルヒは自我体験の夢を見たか | トップページ | フッサール心理学(52):人文死生学研究会(番外編)のお知らせ »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

人文死生学研究会