« フッサール心理学(49):質的心理学会(沖縄)での「人文死生学シンポジウム」での企画趣旨案の巻 | トップページ | フッサール心理学(50):「涼宮ハルヒの消失」に感動し、「優しい忘却」の歌詞を掲げるの巻/コミュ障の現象学から見た長門有希 »

2018年8月18日 (土)

夢の現象学(148):教祖一代記を夢みてもう一つの現実を生きていた充実感が残ったの巻

■2018年8月1日。

 夢記録ノートから写す。ノートに日付がないが、見たのは7月下旬だったはず。
 カルト宗教(オウム真理教のような)の教祖の一代記を夢みた。富士山のような高山での修行。その頂上付近は大文字山の山頂を連想させる斜面となっていて、そこを歩いていた記憶。
 それ以外に思い出せることが何もないのに、目覚めた直後には、もう一つの現実を生きていたという、ずっしりした充実感があった。
■2018年8月17日(金)。
 夢の中では大学の開講日だった。開講日なのに時間割が分からず、自分の担当授業がどの教室になっているかも分からず、あせっていた(この種の夢はよく見る)。事務室の前の露台のような場所に時間割が並んで置いてあるという情報があったので(視覚的に見えた)、行こうとしていた。
 気がつくと私は、パジャマの上にガウンを羽織っただけの姿だった。家に引き返すか、間に合わないようならこのまま押し通すか、等と迷った。小野学部長の姿があった(ここから目覚めてから東邦大学だったと解釈したらしい)。
 私の教える科目は(心理学ではなく)哲学になっていた。初めての科目なので、死について話そうか、等と考えた。そのうち目が覚めた。
■最後の死について話す云々は、11月で沖縄である質的心理学会のシンポ「人文死生学宣言の誕生」で話すことを考えていることに関係がある。
 前回のブログにも書いたが、死は生に比べて無限に悪いという死の害の説は、生の日常性と死の非日常性の距離が無限であるところに由来している。
 対策としては、生の非日常化を図ることだーーと、ここまで前回のブログで書いた。
 最近考えていることは、
 死の非日常化には二つの途があります。
 1)同時代の全ての他者がゾンビであることに気づくこと。でも、これはあまり薦められません。なによりも難しいし、下手に気づいたら人間関係がうまくいかなくなる危険性がある。
 2)夢日記を付けること。これなら誰でもできるかもしれません。夢日記を続けているうちに、夢と夢とがおもったよりつながり合っていて、現実の生に劣らぬ実在性を秘めていることに気がつく可能性があります。こうして、現実世界も夢世界の一種に過ぎないことが実感されてくる。生が非日常化されるのです。
●●●新感覚のオープンアクセスジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』は、創刊に向けて原稿募集中です。詳しくは下記サイト参照
エピステモロジー (épistémologie)」はフランス語圏では、科学的知の批判検討を意味します。心理学を始め、精神医学、認知科学、脳神経科学、人工知能など、こころの科学と総称される領域全般に対して、批判的検討を加えることを主目的とします。詳しくは上記サイトよりダウンロードできる『創刊準備号』巻頭の「エディトリアル」を参照してください。
原著論文、研究企画、翻訳(以上は査読あり)、ブックレビュー、映像メディア時評、学会・研究会参加印象記、その他随想など幅広いジャンルの投稿を期待しています。投稿は無料です。詳しくは上記サイト中「Call for Papers」の「投稿・執筆規定」をご覧ください。

« フッサール心理学(49):質的心理学会(沖縄)での「人文死生学シンポジウム」での企画趣旨案の巻 | トップページ | フッサール心理学(50):「涼宮ハルヒの消失」に感動し、「優しい忘却」の歌詞を掲げるの巻/コミュ障の現象学から見た長門有希 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

※渡辺先生のような教える立場の方でも、このような夢を見られるのですね。私も休学明けに復学した後、学校に行っても、どこが自分の受ける授業の教室なのか分からずに途方に暮れる夢をよく見ました。何も手がかりのない不安。※また銀座に行くのに手前の虎ノ門のあたりで下着だけなのに気づき困った夢を見ましたが、その後ランニング通勤をするようになり、短パン姿でそのあたりを通り、「夢では不安なことでも、現実では何でもないことなのだな」と思ったことがあります。

はい。教室も時間割も分からず焦る夢は、あんまりよく見るので、わざわざアップロードしない程です。
 教師としてでなく、別の大学の大学院に編入学して人生やり直そうとしたのに、教室も時間割も分からないまま、何週間もたってしまう夢もあります。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/67010995

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(148):教祖一代記を夢みてもう一つの現実を生きていた充実感が残ったの巻:

« フッサール心理学(49):質的心理学会(沖縄)での「人文死生学シンポジウム」での企画趣旨案の巻 | トップページ | フッサール心理学(50):「涼宮ハルヒの消失」に感動し、「優しい忘却」の歌詞を掲げるの巻/コミュ障の現象学から見た長門有希 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会