« 夢の現象学(139)双頭の犬の巻/『こころの科学とエピステモロジー』創刊号に向けて原稿募集中 | トップページ | 夢の現象学(141):高校時代のクラスメートの家を訪ねるの巻/オープンアクセスジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』が創刊に向けて原稿募集中 »

2018年2月28日 (水)

夢の現象学(140):殆ど巨樹一本から成る鎮守の森の巻/オープンアクセスジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』が創刊に向けて原稿募集中

■2018年2月24日朝こ
 小さな神社の鎮守の森にいた。この森がどうやら、殆ど一本の巨樹から成っていることに気づく。真上を見上げると、真っ直ぐな幹が斜めにはるかの高みにまで達している。巨樹はまた、ふた股に分かれている。斜めになっている幹を支える他の大木があり、複雑な形状に枝分かれしているが、よく見ると、枯死しているようだ。ほかの独立した樹は、高さも幹の太さも比べ物にならない。
 茂った枝の奥が洞みたいになっていて、そこに小さな祠が鎮座している。浅間神社だ。一円玉を小さな賽銭箱に投げ入れて拝する。
 私は、合宿に行かねばならないのだった。今は12時半過ぎだから、まず昼食を取らねば。いつの間にか、京大教養部にいることになっていた(夢で何度か行ったことがある)。食堂に入ると、まだ昼食の料理が残っていて、何人か学生が食事中だ。合宿はどこに行くのだろう、と思った。他のみんなは昼食からして一緒だが、例によって私一人がはぐれている。そもそも、合宿の参加者の中に顔見知りからしてほとんどいない。
 過去の合宿でも、何度かはぐれかけた苦い思い出が浮かび上がってくる(実際は他の夢の記憶だが、この夢の中では現実の過去と言うことになっていた)。
 卒業旅行としての合宿だが、ふと、別に行かなくともいいのだ、と気づき、気が楽になった。
■「真っ直ぐな幹が斜めにはるかの高みにまで達している」という光景は、つい10日前にも行った、神明社の境内だ。実際にはアカマツで、群を抜いて高い。それなにの、他の2本の大木には幹にしめ縄が巻いてあるのに、何も巻いていない。神木扱いを受けていないのだな、等と思うことがある。
 枯死した樹は、やはり10日前に見た祖師谷の庭の海棠の樹を思い出す。
 このように、直ちに10日前の記憶が連想されてくる。
 後半の夢は、何度も見た合宿の夢のテーマの変奏だ。京大教養部の建物も、何度か反復して出てくるテーマだが、この二つのテーマの合体は珍しい。
 「行かなくともいいのだと気付き、気が楽になった」のは、このテーマとしては新たなる展開と言えるのではないだろうか。ひょっとしたら、合宿の夢は、もう見なくて済むようになるかもしれない。
●●●新感覚のオープンアクセスジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』は、創刊に向けて原稿募集中です。詳しくは下記サイト参照
エピステモロジー (épistémologie)」はフランス語圏では、科学的知の批判検討を意味します。心理学を始め、精神医学、認知科学、脳神経科学、人工知能など、こころの科学と総称される領域全般に対して、批判的検討を加えることを主目的とします。詳しくは上記サイトよりダウンロードできる『創刊準備号』巻頭の「エディトリアル」を参照してください。
原著論文、研究企画、翻訳(以上は査読あり)、ブックレビュー、映像メディア時評、学会・研究会参加印象記、その他随想など幅広いジャンルの投稿を期待しています。投稿は無料です。詳しくは上記サイト中「Call for Papers」の「投稿・執筆規定」をご覧ください。

« 夢の現象学(139)双頭の犬の巻/『こころの科学とエピステモロジー』創刊号に向けて原稿募集中 | トップページ | 夢の現象学(141):高校時代のクラスメートの家を訪ねるの巻/オープンアクセスジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』が創刊に向けて原稿募集中 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/66445373

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(140):殆ど巨樹一本から成る鎮守の森の巻/オープンアクセスジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』が創刊に向けて原稿募集中:

« 夢の現象学(139)双頭の犬の巻/『こころの科学とエピステモロジー』創刊号に向けて原稿募集中 | トップページ | 夢の現象学(141):高校時代のクラスメートの家を訪ねるの巻/オープンアクセスジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』が創刊に向けて原稿募集中 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

人文死生学研究会