« 夢の現象学(134):地平(Horizont)を備えた夢の巻/サルトルの夢理論(その2)の巻 | トップページ | 夢の現象学(136):地底にらせん状に降りてゆく身体感覚、高知新聞記者二人の名が思い出せない、など夢4題の巻 »

2017年12月27日 (水)

夢の現象学(135):地平を備えた夢(その2)の巻/『人はなぜ夢を見るのか』(化学同人)の韓国語版が出たの巻

■2017年12月25日。夢を見た。例によって最後の場面しか憶えていない。

 大きな駅のホールのような所にいた。カウンターが3つあった。中央は人が多く、両端のカウンターはまばらだった。私は始め、端のカウンターの列に並んだのだが、時間から見て、中央しか開いていない筈だと気付いた。
 そこで中央のカウンターに行って、「あちらのカウンターは開いていないんですか」と尋ねた。女性職員が、「開いていないですね、はい」と答えた。明るいオレンジ色の制服の女性職員だった。同じような制服の女性職員が、中央のカウンターにも両端のそれにも配置されている。私はとにかく、何か相談するつもりだったが、結局、切符を買うことに落ち着いた。そこで目が覚めた。
 ここだけ取り出せばつまらない夢だが、特に記録するのは、この夢にも「地平」がある、と思ったから。この場面の前の部分が、忘却の地平に消えているのだから。(朝7時27分)。
■『人はなぜ夢を見るのか:夢科学四〇〇〇年の問いと答え』を7年前に刊行してくれた化学同人から、KLEMAという韓国の出版社から韓国語訳が出たということで、4冊送ってきた。表紙をスキャンした画像を添付しておく⇒

Img3reduced_2

 韓国の方々に拙著が読まれるのかと思うと、嬉しいことは嬉しいが、あいにくせっかく送られてきた韓国語版をひらいても、ハングル文字ばかりで何一つ分からない。巻末の参考文献だけは、ハングル語化されていず、日本語と英語のままなのだが。

 

 このままでは宝の持ち腐れになるので、知人で在日の文芸評論家で現象学者のTさんに送ろうと思ったが、在日2世にハングルだけの本が読めるか心配になった。いろいろ考えた末、済州島出身の環境心理学者の女性で、東邦大で環境心理の授業も担当して貰ったことのある、Oさんのことを思い出した。年が明けたらOさんに1冊送り、他にも送れる人がいないか聞いてみることにしよう。

〇〇〇『人文死生学宣言:私の死の謎』(渡辺恒夫・三浦俊彦・新山喜嗣/編、春秋社、2700円)が、2017年11月25日から発売されています〇〇〇〇

« 夢の現象学(134):地平(Horizont)を備えた夢の巻/サルトルの夢理論(その2)の巻 | トップページ | 夢の現象学(136):地底にらせん状に降りてゆく身体感覚、高知新聞記者二人の名が思い出せない、など夢4題の巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/66207102

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(135):地平を備えた夢(その2)の巻/『人はなぜ夢を見るのか』(化学同人)の韓国語版が出たの巻:

« 夢の現象学(134):地平(Horizont)を備えた夢の巻/サルトルの夢理論(その2)の巻 | トップページ | 夢の現象学(136):地底にらせん状に降りてゆく身体感覚、高知新聞記者二人の名が思い出せない、など夢4題の巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

人文死生学研究会