« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の記事

2017年10月31日 (火)

夢の現象学(131):小公子が7人いたの巻/馬の代わりにライオンが牽く馬車の巻/近著『人文死生学宣言』の装幀が出来たの巻

■2017年10月24日(火)。早朝4時ごろに目を醒まし、スマホに次の3つのキーワードを打ち込んでまた眠った。
・小公子
・ふたり
・最後は7人ぐらいいて賑やかだった
 午後4時ごろ。図書館にて。キーワードを手がかりに夢想起をこころみる。
 まず、小公子のような子どもがふたりいた。一人は小公女だったかもしれない。そこで進行していた筈の物語は全く思い出せないが。
 最後の場面では、小公子だか小公女だかの子ども達が7人ぐらいいて、賑やかだった。その賑やかな印象だけが残っている。
 結局、キーワード式夢想起法を使っても、思い出せるものは余りないが、さりとてキーワードを記録していなかったなら、夢を見たこと自体を、忘れてしまっていただろうことは確かである。
■同日、7時ごろ再度めざめて、直接ノートに筆記で記録した夢。
 生物学の演習で、洋書を輪読していた。生物科から来た卒研生のSさんや、科学哲学界の大御所坂本百大先生もいたような。Sさんが担当発表を務めていた。
 最初のうち、輪読会に使っていたのは本ではなく、脳波計の一部のような奇妙な小さい装置だった。他に、IRIの小久保さんもいたように憶えている。
 次の担当者を決める段になって、私に水が向けられた。そのとき、「それは‥‥」と坂本先生かもう一人いた先生かが、私が使っている本が原書でなく訳書だと気付いたらしい。私は、「今、(原書を)アマゾンで注文しちゃいます」と言って、スマホをいじり出した。原書のタイトルを見せてもらったが、訳書とはかなりかけ離れた題だった。(朝、7時半)。
■2017年10月25日(水)。夢を見た。最初の方は例によって憶えていないが、辛うじて、栃木の自治医大で科研費研究会の次の日程を話し合っていることが、記憶に残っている。
 次の場面では、この、都合の良い日程さがしが道探しになったらしい。私はバスを運転して道を探してうろうろ走らせていたのだった。ギアをバックにしたまま後ろ向きに通常のスピードで走らせる、という荒技までやってのけていた。
 その、後ろ向き運転をしている道路に平行して、川が流れていた。川といっても街中だから両岸をコンクリで固めた大きな溝のような川だったが、私はその川床へ車を乗り入れて、運転を続けた。
 いつの間にか車は馬車になり、次にいつのまにか馬はライオンになっていた。汚い水中を、馬車を曳いて走る、荷運びライオン。
 私は、馬車(獅子車?)を降りて、建物の壁にもたれ、ライオンと並んで座った。
 この辺から私の視点は第三者視線へ脱出していたらしい。ライオンと並んで、小さな女の子が座っているのが見えるのだった。女の子は言った(もしくは考えた?)。「かわいそうなライオンさん。あたしをライオンの友だちにしてください。」女の子は、猫とじゃれる時のようにライオンに頬寄せて、念じるのだった。
 この辺で目が覚めた。
■近著『人文死生学宣言ーー私の死の謎』(渡辺恒夫・三浦俊彦・新山喜嗣/編、春秋社、2017年11月20日発売予定)の装幀が出来たと、新山氏から知らせがあった。
 前にこのブログにも書いたように、表紙に、デューラーの銅版画「騎士と死と悪魔」をあしらったものだ。ダメもとでリクエストを出しておいたところ、実現したのは望外の喜びだ。
 コピーを張り付けておく。

1

2017年10月20日 (金)

夢の現象学(130):50年以上前の下宿屋の一室に現在時として戻ったの巻

■2017年10月11日(水)。夢の中では京大に入学して最初に下宿した元田中の部屋に、戻ったことになっていた。当然のことながら、エアコンなどない。夏らしかった。窓を開けて(網戸だけはあったが)、暑い京都の夏を、エアコンなしで乗り切れるかな、などと考えていた。

 過去に戻って学生になるのではなく、現在の年齢で現在のこととして、元田中の下宿屋に戻ったことになっていたのが、面白い。(午前10時。世田谷区の駅前喫茶にて)
■ひと口に夢のタイムトラヴェル機能といっても、過去に戻るにも自分ごと(つまり学生としての自分へ)戻るのと、今回の夢のように、過去に住んでいた部屋など、過去の舞台背景へ現在の事として戻るのと、二種類があることに気づく。後者は前者の不完全体、というべきか。
■2017年10月20日(土)。久しぶりに面白い夢をみた。それもかなり長い。これくらいならメモしなくとも憶えていられそうだ。と思って、スマホにキーワードも打ち込まずに起きた。
 夕方、夢を見たことを思いだした。が、ただのひとかけらの記憶も甦ってこない。こんなことならキーワードを一語でも打ち込んで置くべきだったと気付いた。
〇〇オープンアクセスジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』の創刊準備号が発行されたので、宣伝リーフレット「Vol0Leaflet.pdf」をダウンロードできるようにしておきました。
〇〇
詳しくはこのサイトもご参照ください。
https://sites.google.com/site/epistemologymindscience/
〇〇〇〇

2017年10月 7日 (土)

夢の現象学(129):駅での別れが永訣を予感させる夢の巻/近著『人文死生学』の表紙がデューラー「騎士と死と悪魔」に決まったの巻

■2017年10月7日。賑やかな夢を見たが、最後の場面しか思い出せない。駅での別れの場面だった。

 列車に乗っていたが、大きな高架の駅で小さな子どもたちが降りて行ったのだった。別れの言葉を口々に言いながら(誰に対して言ったのだろうか?)。中には長編叙事詩(小さい頃の姿)もいたような。

 「この後はもう、こちらの乗った列車の先頭のグリーンの機関車が(子ども達から)見えるだけだね」と、頭の中で考えたか同行の誰かに言ったかした。永訣の別れなのだった。醒め際に、永訣とは死を意味するので、この夢は死別の象徴ではないか、といったことを考えていたような。(朝6時半)。

 以上、メモしてまたベッドに潜り込んだが、十五分くらいして、最後の場面の前に印刷がどうのこうのといった騒動があったことが、辛うじて甦ってきたのだった。ちなみに永訣という語は、高校の頃に読んだ宮沢賢治「永訣の朝」で覚えた語だが、そこでは妹の死が詠われていたのだった。けれども永訣の本来の意は、親しい人を含めたこの世との別れの方なのではないか、と思った。そのような意味での永訣を、今まで余り考えたことはなかったのだが。

■(仮題)『人文死生学宣言』の表紙がデューラーの「騎士と死と悪魔」に決まるの巻

 死別の象徴にしても、印刷の騒動にしても、出版を進めている共著書『人文死生学宣言』(仮題)へとたやすく連想が飛ぶ。数日前、ダメもとで希望を出しておいたデューラーの銅版画「騎士と死と悪魔」を、表紙の装幀に使うのは可能だという連絡が担当編集者からあったと、秋田大学の新山さんから知らせてきたばかりだから。

 この銅版画をフッサールが書斎に飾って自らを励ましていたことは、有名な話だ。大学院生の頃、友人の下宿に行ってこの絵の写真が貼ってあるのを見て感銘を受けて以来、いつか自分の本の表紙に使いたいものだという思いが心の片隅にあった。それが、半世紀近くたって現実のものになるなんて。この絵が表紙になるだけでも、本の値打ちが3割がたアップするような気がする。

 「読書の秋」の出版つまり、遅くとも11月末までの刊行を目指しているので、もう少しはっきりした情報が入ったらこのブログでもお知らせしたい。

〇〇オープンアクセスジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』の創刊準備号が発行されたので、宣伝リーフレット「Vol0Leaflet.pdf」をダウンロードできるようにしておきました。
〇〇
詳しくはこのサイトもご参照ください。
https://sites.google.com/site/epistemologymindscience/
〇〇〇〇

2017年10月 4日 (水)

夢の現象学(128):夢3題の巻/バイエルン歌劇団『魔笛』観劇の巻/電子ジャーナル(こころの科学とエピステモロジー)の創刊準備号が発行されたの巻

■2017年8月29日(火)。夢をみた。私は安倍内閣の書記官の一人らしかった。色々なことがあった気がするが、憶えていない。安倍首相もいた。

 その安倍首相に、君は内閣の一員ではなく党の一員として行動すべきではないかね、といったことを言われ、その場を離れた。
 党の一員たるべく向かう途上、皇居のお濠のような広い水面があり、そこでパフォーマンスのようなことをやっていた。飛び込んで物凄い水しぶきを上がると同時に、花火のようなものも上がる。こんなことでもしなければ、頭角をあらわせないらしい‥‥。私もそれに加わったかどうかは憶えていない。そのうち目が覚めた。
 ひどく鮮明な夢だったが、枕元のスマホに三語ほどキーワードを打ち込んでまた眠ってしまった。だから、キーワード以上のことは思い出せない。(地下鉄にて。)
■2017年〇月×日。言葉で言い表せないような複雑精緻な彫刻的文様が付いた門のようなものが並んでいた(図略)。
 その一つの前に立ち止まると、文様が変化して、ポケットのような入口が姿を現した。「お茶の水博士」は、そのポケットから内部に入り込んだ。否、入ったのか入らなかったのかよく分からない。とにかく、その結果、その「研究所」のある世界に入り込んだことになった。
 その世界では、なにやら複雑なストーリーが展開していた気がするが、思い出せない。
■9月15日(木)。京都にいた。シニアでもできる仕事を探していた。
 一つ目の仕事はできそうもなかった。二つ目として、嵐電の終点で、町工場のようなところに行った(夢の中では京大の先輩であるKさんが近くに住んでいることになっていた。)
 そこでは、社長の趣味かなんかで、バッタやイナゴを飼育しているのである。バッタやイナゴを大きな弁当箱(蓋がセロファン紙になっていて内が見える)に入れて、広い野原に持っていって放す。草を食べさせるのだ。終わると嵐電で帰る。この辺で妻が出てきたような。
 翌日、仕事に行こうとするが、町工場への道が思い出せない。それに、いかにも時間が遅い。バッタは早起きだから、それに合わせて早く行かねばならないだろう。そんな仕事に耐えられるのか。
 それに、年金があるのに何でまた仕事をしなければならないのか。そんなことを考えているうちに、眼が覚めた。朝7時。
■9月24日(日)。夢ではなく現実の話になるが、バイエルン歌劇団の日本公演を上野の東京文化会館まで見に行った。出し物はモーツアルトの『魔笛』。奮発してC席を手に入れたのに4階席でオペラグラスが必要でちっとも良い席ではなかった。それでも私として初めてのモーツアルト物は結構楽しめた。最初に出てきた大蛇が巨大なナメクジにしか見えないのは笑ってしまったが。
 夜の女王などという、シューベルトの歌曲に出てくる魔王の女王版みたいなのが一方の旗頭なので、典型的なメルヘンの世界かと思いきや、敵方の旗頭はザラトロという名の、これは勿論、ゾロアスターの訛りだろうが、「エジプトの」大神官で、主人公の王子をイニシエーションの試練に誘う。おまけにザラトロの手勢にはトルコ帽を被った黒人もいるという具合で、異教趣味とオリエンタリズムがふんだんにまぶしてある。18世紀のウィーンなどというと中世キリスト教社会の延長のような宮廷文化と思いきや、元々、対オスマン・トルコ帝国の最前線に位置していたし、反対側のフランスでは大革命の真っ最中で、時代の波に洗われつつあったのだと実感した。
〇〇オープンアクセスジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』の創刊準備号が発行されたので、宣伝リーフレットを「Vol0Leaflet.pdf」をダウンロードできるようにしておきました。
詳しくはこのサイトもご参照ください。
https://sites.google.com/site/epistemologymindscience/
〇〇〇〇

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

人文死生学研究会