« 夢の現象学(127):高知に大火が迫る緊迫した夢の巻/下手なSFのような夢の巻 | トップページ | フッサール心理学(46):アレクサンドリアの女性哲学者ヒュパティアを描いた『ハイペシア上・下』(春秋社文庫、昭和10年刊行)をついに読んだの巻 »

2017年8月16日 (水)

フッサール心理学(45):『こころの科学とエピステモロジー』というオープンアクセスジャーナルを発刊するの巻

■有志と図って創刊を準備していた、電子ジャーナル『こころの科学とエピステモロジー』の創刊準備号がまもなく出る(2017年8月20日予定)。
詳しくは下記のサイトを見られたい。
https://sites.google.com/site/epistemologymindscience/

サイト表紙の紹介文を載せておく。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
『こころの科学とエピステモロジー』誌は新感覚のオープンアクセスジャーナルです。
「エピステモロジー (épistémologie)」はフランス語圏では、科学的知の批判検討を意味します。心理学を始め、精神医学、認知科学、脳神経科学、人工知能など、こころの科学と総称される領域全般に対して、批判的検討を加えることを主目的とします。詳しくは『創刊準備号』巻頭の「エディトリアル」を参照してください。
原著論文、研究企画、翻訳(以上は査読あり)、ブックレビュー、映像メディア時評、学会・研究会参加印象記、その他随想など幅広いジャンルの投稿を期待しています。投稿は無料です。詳しくは「Call for Papers」より「投稿・執筆規定」をダウンロードして下さい。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
:
■『子どもの自我体験ーーヨーロッパ人における自伝的記憶』の原著者ドルフ・コーンスタムさんがNHKテレビに出演するの巻。
 上述の本は、昨年、渡辺恒夫・高石恭子訳、金子書房刊で刊行した。そのコーンスタムさんが、NHKテレビに今日、出演する。
 2017年8月16日、午後7時30分~8時59分:みんな大好き!ミッフィーの秘密ー黒木瞳・ブルーナの人生をたどる
 という番組だ。コーンスタムさんからのメールだと、Japanese lady Hitomi Kurokiの取材を6月ごろ受けたという。なぜかというと、オランダで、ブルーナの絵本を心理学的に解説した本を出しているからで、私も貰っている。
 お知らせが今日になってしまったが、この番組を見た人は、『子どもの自我体験』の方も、ついでに買ってください(笑)。

Photo

« 夢の現象学(127):高知に大火が迫る緊迫した夢の巻/下手なSFのような夢の巻 | トップページ | フッサール心理学(46):アレクサンドリアの女性哲学者ヒュパティアを描いた『ハイペシア上・下』(春秋社文庫、昭和10年刊行)をついに読んだの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/65668837

この記事へのトラックバック一覧です: フッサール心理学(45):『こころの科学とエピステモロジー』というオープンアクセスジャーナルを発刊するの巻:

« 夢の現象学(127):高知に大火が迫る緊迫した夢の巻/下手なSFのような夢の巻 | トップページ | フッサール心理学(46):アレクサンドリアの女性哲学者ヒュパティアを描いた『ハイペシア上・下』(春秋社文庫、昭和10年刊行)をついに読んだの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人文死生学研究会