« 夢の現象学(125):『小公子』『セイラ物語』を明治の若松賤子訳で読み、明晰夢研究へのヒントを得るの巻 | トップページ | 夢の現象学(127):高知に大火が迫る緊迫した夢の巻/下手なSFのような夢の巻 »

2017年7月30日 (日)

夢の現象学(126):京都を引き払う日々の巻/合宿で実験をやるの巻

■日時記録なし。多分2017年6月29日(木)朝の夢か。

 京都にいるのもこれが最後と言う日々を送っていた。盛り場に繰り出して思いっきり楽しもうということになって、T君(京都と関係ない東邦大の学生)らしき腕っ節の強そうな相棒と共に、南の方の街をめざして急ぐところだった(京都盆地の北縁に住んでいたので)。
 ポーンポーンと、一歩で数十メートルほども跳ね跳んで進んでいくのだった。跳ね跳びながらT君と何か話したが、ガラの悪そうなところに行こうといった話だった以外は、憶えていない。ポーンポーンと跳ね跳んでいくと、人家のない広大な原っぱに出た。盛り上がった土手にそって跳ねていくと、土手が尽きて、広い田圃に出た。これ以後は畦道を行くほかない。こんなところがあったなんて、などと話した。それでも京都市内らしく、左右の森の彼方から、路面電車の音が響いてくる。
 そのうち目が覚めた。朝6時。
 地上1メートルの空中歩行ほどではないが、ポーンポーンと跳ね跳んでの半・空中走行も、たまに夢に見る。最も印象深いのは、F教授の姿を見ているうちにF教授になり、宇宙人のエージェントとしてポーンポーンとキャンパスを跳ね跳んでいった夢だ。『夢の現象学・入門』でも、現象学的分析の対象として扱った。
 それにしても京都を引き払う日の夢だなんて。私は二度、京都を引き払ったことがある。一度目は高知大に就職した時のことだから、40年前。二度目は京大教育学研究科への1年間の内地留学を終えた時のことだから、33年前のことだ。けれども、今回の夢には、それらの現実の出来事を連想させるような要素は、なぜか見いだせなかった。
■7月29日早朝。どこか合宿にいっていた。合宿所には大勢の学生がいた。見知らぬ顔ばかりだ。中には編集者のSさん(S社社長)や、その他に東大のNさんと言った研究者仲間もいたようだった。
 私は人の要望もあって、簡単な実験をやって見せていた。被験者に何か思い出せない課題をやらせておいて、指尖脈波を記録するのだった。指先に黒い布製のバンドを巻いて固定する。バンドからはリード線が出ていて、脈波の変化が電気的に記録される。この簡単な装置で、何かが分かるという設定だが、その「何か」がなんだったかは思い出せない。
 そのうち、Sさんたちが、何らかの理由で合宿所を出て外に食事に行こうとしている。私も一緒に行こうとすると、学生がレポートを提出しに来る。実験結果のレポートだが、まだまとまっていないので見てくれという。ローデータを記載しただけだという。そんなものを見せに来なくともいいのに、と思う。
 そのうち眼が覚めた。
 人の大勢いるガヤガヤした夢だった。
 指先に布製バンドを巻く仕草は、最近使っている黒いこうもり傘を閉じて黒い布製バンドを巻く仕草を連想させる。実験をやっているのは、三日前に自治医大での科研費研究会で、明晰夢のインタヴュー調査をやらないかと、研究代表者であるTさんに話したことを連想させる。また、最近、質的心理学事典の執筆項目依頼が来ているが、出版元がS社だし、監修者代表が東大のNさんだから、これも関連がある。
 学生は皆、見知らぬ顔ばかりだが、今年の2月までやっていた明治での講義では、顔と名前が一致しないままだったことを反映している。合宿と言えば、東邦大で毎年のように、伊豆大島に学生と合宿にいったことを思い出す。指尖脈波の測定も、東邦大でやっていた実験だし。
 このように、連想をすると現実とのつながりがいくらでも見出されるが、なぜこのような構成の夢になっているのかは、甚だ分かりずらい。
+++【ブログの主の関連する新刊】『夢の現象学・入門』(渡辺恒夫著、講談社新書メチエ、2016年7月刊)+++

« 夢の現象学(125):『小公子』『セイラ物語』を明治の若松賤子訳で読み、明晰夢研究へのヒントを得るの巻 | トップページ | 夢の現象学(127):高知に大火が迫る緊迫した夢の巻/下手なSFのような夢の巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/65489842

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(126):京都を引き払う日々の巻/合宿で実験をやるの巻:

« 夢の現象学(125):『小公子』『セイラ物語』を明治の若松賤子訳で読み、明晰夢研究へのヒントを得るの巻 | トップページ | 夢の現象学(127):高知に大火が迫る緊迫した夢の巻/下手なSFのような夢の巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会