« 夢の現象学(123):日本人初の月着陸宇宙船飛行士として出発する前夜の巻/紀元5世紀の他者に成る夢の実例を発見の巻 | トップページ | 夢の現象学(125):『小公子』『セイラ物語』を明治の若松賤子訳で読み、明晰夢研究へのヒントを得るの巻 »

2017年6月16日 (金)

夢の現象学(124):独我論者の国にいて異星人侵略の報を受けるの巻

■2017年6月16日。早朝5時過ぎ。どこかの苑(その)にいた。苑は独我論者の国ということになっていた。

 アメリカのどこかの地域らしかった。編集者のHさんもいたような。苑にいる「独我論者」達が本物かどうか、調査官が来るとかいった話になっていたような(国の名に値するか否かの調査らしい)。
 私はなにやらアサガオの種のようなものを地面にまいては土を薄くかぶせていた。芽が出れば独我論はホンモノだ、と思っていたような。
 そこにHさんが来て、異星人の侵略を知らせる。西海岸(アメリカの)がすでに占領されているらしい。
 どうしたらいいだろうか。
 私は独我論者らしくもなく、ゲリラ戦を提案する。「この苑で、種として土の中に潜んで‥‥」とか考えていたような。
 あるいは、「この苑は周囲より少し高台になっているので、外側に落ちてそこで隠れて‥‥」とかも考えたような。
 自分を「種」と同一視していたような。
■「アサガオの種」は、ひと月前に世田谷の家で庭に撒いたアサガオの種そのままだった。最初の方では「種」が独我論者ということになっていたが、終りの方では自分も独我論者として「種」の一つになっていたらしい。
  撒いているアサガオの種が独我論者だったり、独我論者の国を作る計画に独我論がホンモノか調べに調査官が来ることになっていたり、異星人が侵略して来たり、自分も独我論者としてゲリラ戦をするつもりだったり、そして最後には自分も自分がまいたアサガオの種の一つだったりと、我ながら奇天烈てんこ盛りの夢だった。
+++【ブログの主の関連する新刊】『夢の現象学・入門』(渡辺恒夫著、講談社新書メチエ、2016年7月刊)+++

« 夢の現象学(123):日本人初の月着陸宇宙船飛行士として出発する前夜の巻/紀元5世紀の他者に成る夢の実例を発見の巻 | トップページ | 夢の現象学(125):『小公子』『セイラ物語』を明治の若松賤子訳で読み、明晰夢研究へのヒントを得るの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

奇想天外、たいへん面白い内容でした。怖れとか不安とか情動的なものも感じられたのでしょいうか?あるいは逆に「ゲリラ戦」なとと積極的な対応を考えられていたくらいなので、自己肯定的な戦う意志が心中を占められていたのでしょうか? わたくしの場合、夢の中だと“全能感”というか、危機的な状況にあっても、「何とかなる」という俯瞰した感覚があることが多いように思います。たとえば怖い犬がそばに来て、内心「いやだな」と思うと、その犬が届かない分だけ宙に浮いたりとか。

申し訳ありません。前のコメントに名前を書きそびれました。2行目×でしょいうか?→◎でしょうか?

いつもコメントありがとうございます。この夢に関しては、それほど感情的なものがなく、淡々と進んだように憶えています。また、ラストの辺りでは、おそれや闘志というより、いよいよ冒険が始まるといったような、ワクワク感があったような気がします。
 悪い夢ではありませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/65419404

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(124):独我論者の国にいて異星人侵略の報を受けるの巻:

« 夢の現象学(123):日本人初の月着陸宇宙船飛行士として出発する前夜の巻/紀元5世紀の他者に成る夢の実例を発見の巻 | トップページ | 夢の現象学(125):『小公子』『セイラ物語』を明治の若松賤子訳で読み、明晰夢研究へのヒントを得るの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会