« 夢の現象学(113):蚊帳をテントさながら寝泊まりしている夢/フッサール心理学(42):『内的時間意識の現象学』の新訳の巻 | トップページ | フッサール心理学(42):ジュリアン・グリーン作『ヴァルーナ』は自我体験と輪廻転生観の関連を示唆するの巻 »

2016年12月29日 (木)

夢の現象学(114):奈良女子大が宇宙人に占拠された夢のキーワード式想起法失敗の巻

■2016年12月27日。早朝、夢を見てスマホにキーワードを打ち込み、再度眠った。

 キーワードは、
 異星人に占拠された奈良女子大学/Aさん3月29日/ふとん(註、この夢ではAさんに実名を使う必然性もないので、頭文字にする)。
 今は正午ごろ。キーワードを手掛かりに夢想起を試みる。
 奈良女子大学へ行った(起きてから現実の奈良女子大キャンパスの記憶とはあまり似ていないことに気づく)。
 キャンパスは異星人に占拠されていた(これについて思い出せることは、薄暗いグランドに大勢の人が倒れ伏している、といったもので、異星人の姿を直接思い出せるわけではない)。
 Aさん(奈良女の教授だった)が定年退職になって研究室を引き払うというので、訪れたのだった。(夢の設定では)3月29日のことだった。
 建物はコの字型をしていて、字の向きからいって左側から入り、向かって左隅の最上階に位置する研究室に、ふとんがあって、何か話題になっていたような気がするが、はっきり思い浮かばない。
 ちなみに、別の夢で私自身の研究室が出てくる時には、きまってこの位置にある(現実とは違うが)。思い出そうとしているうちに、そのような他の夢の断片が、ひょいひょい浮かぶ。
 奈良女子大にはこの10年ばかりの間に、二度ほど行ったことがある。一度目は学位論文の試問で(Aさんが主査だった)、二度目は学位授与式に出たのだった。だからこの大学にはプラスのイメージしかない。宇宙人に占拠されているというのはわけが分からない。
 というわけで、キーワード式夢想起法は、まさに具体的なイメージがほとんど想起できなくなっていたという点で、ほぼ失敗したといってよいだろう。その原因は分かっている。再入眠して覚め際に、別の強烈な夢を見たからだ。(2016年12月27日。正午。市立図書館にて。)
『夢見る惑星』の作者が物故していたと知ったの巻
 夢ついでで、マンガの話になるが、先日、書店で復刻版マンガの棚にこの作品を見つけて、そういえば佐藤史生サンの作品しばらく見ないなと思い、手に取ったところ、やはり、2002年に物故していました。
 今まで知らなかったので、おそまきながら、追悼‥‥。
 今の人は知らないでしょうけれど、かつては「裏・萩尾望都」と呼ばれていた異色のマンガ家です。
 そんな異色のマンガ家でも普通に病気で50で死ぬんだな、等と、変なところで感慨に耽りました。というのも、やはり異色マンガ家の山田花子が、25歳で投身自殺をしているから。
 山田花子については、『隠蔽された障害:漫画家山田花子と非言語性LD』という本のアマゾンブックレヴューに書いておいたので、ご参照ください。
■推薦マンガ『バビル二世 ザ・リターナー』(横山光輝+野口賢)
 故・横山光輝の名作の続編化。
 原作はお子様むきが多い横山マンガの中では大人の鑑賞に堪えうるスケールの大きいSF冒険ものだったが、本作ではさらにスケールアップしています。
 ポセイドン、ロプロス等の三人の「しもべ」も単なる兵器ロボットではなく、ラヴクラフトのクートルー神話に出てくる旧支配者を改造した生体兵器ということになっているし、本作でバビル二世の戦う相手であるアメリカの背後には異星人がいて、しかもその異星人陣営が二星系に分裂しています。
 さらに、異星人が5千年前に地球に残した究極の絶滅兵器であるマーズと六神体まで出てきます。これは別の横山作品だった『マーズ』を作中に取り入れたものです。
 しばしば見開き一頁に描かれる様式化された戦闘場面も素晴らしいし。
 16巻まで読みましたが、余りの壮大な展開に、次が待ち遠しい位です。
+++【ブログの主の関連する新刊】『夢の現象学・入門』(渡辺恒夫著、講談社新書メチエ、2016年7月刊)+++

« 夢の現象学(113):蚊帳をテントさながら寝泊まりしている夢/フッサール心理学(42):『内的時間意識の現象学』の新訳の巻 | トップページ | フッサール心理学(42):ジュリアン・グリーン作『ヴァルーナ』は自我体験と輪廻転生観の関連を示唆するの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/64691273

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(114):奈良女子大が宇宙人に占拠された夢のキーワード式想起法失敗の巻:

« 夢の現象学(113):蚊帳をテントさながら寝泊まりしている夢/フッサール心理学(42):『内的時間意識の現象学』の新訳の巻 | トップページ | フッサール心理学(42):ジュリアン・グリーン作『ヴァルーナ』は自我体験と輪廻転生観の関連を示唆するの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

人文死生学研究会