« フッサール心理学(39)/夢の現象学(107):『心の科学史』(高橋澪子、講談社学術文庫)が発売されたの巻/夢2題の巻 | トップページ | 夢の現象学(109):夢が見知らぬ顔ばかりになる原因の巻 »

2016年9月24日 (土)

夢の現象学(108)/フッサール心理学(40):過去へ遡る夢の巻/明治大学最後の学期が始まったの巻

■2016年9月19日(月)。昨日の朝、夢を見て、スマホに打ち込んでおいた5つのキーワードを手がかりに、思い出して書いている。
 さすがに24時間以上たつと記憶が甦らなくなる。最初の方が思い出せないのはいつものことだが。
 封書が二通、来ていたのだった。あるいは、二通の封筒を出す準備をしていたのかもしれない。
 一通には表に蜘蛛の透かし図案が載っている。もう一通は、「文藝首都」の封筒だった。(ここで連想。前夜、テレビの「世界ふしぎ発見」に、蜘蛛が出て来ていた。また、やはり前日、市立図書館でたまたま手に取った本に、同人誌文藝首都のことが出ていて、懐かしく思った)。
 同じ机の上に、小さなビニール袋が二つあり、それぞれに、同じような目薬が二つずつ入っていた。(連想。その二日前に病院から新しく出た3ヶ月分の抗ホルモン剤の一部が、小さなビニール袋に入っていたが、錠剤なので似てはいない。むしろ、10年以上前に、祖師谷の親の家の冷蔵庫にあるのを見たことのある、ビニール袋入りの目薬が、こんな感じだったと連想される)。
 私は(夢の中での)昨日、学会か合宿形式の研究会といった会場に出ていたのだった。そこでは、昔、C学会で知り合った日立研究所出身で物理学のUさんと、東邦大学にいた当時のA学長に会ったのだったが、二人とも、単にいたことしか思い出せない。
 そして、(夢の中での)今日も、また、合宿なのだった。私は会場に戻ることにした。ところが、それは同時に、過去へ戻る事なのだった。
 過去への道はトンネルのようになっていて、狭くて息苦しい。そのうち、夢だと気付き、目を醒まそうとした。トンネルの中は不安な薄汚れた黄茶色っぽい光に包まれている。
 目を醒ました、と思った。が、まだ夢の中らしい。
 苦しい。
 そのうち、本当に目を醒ました。
(9月19日、朝10時。喫茶にて)。
■前日いた場所へ戻ることが同時に過去へ戻るトンネルになっているという夢は、思い出せる限り初めてかもしれない。
 これも、『夢の現象学・入門』で解明しておいたはずの、夢世界の原理と整合するのだろうか。過去を想起することが、即、過去へのタイムトラヴェルになってしまうという。
 少し違うような気もするので、よく考えて見なければ。

■2016年9月21日。明治大学の秋学期が始まった。大学院の授業だが、とにかくこれで、東邦大学定年退職して以後、5年間にわたった兼任講師(=非常勤講師の事)勤めも、最後の学期を迎えたわけだ。 

 この五年、この7月の『夢の現象学・入門』、2年前の『他者問題で解く心の科学史』、三年前の『フッサール心理学宣言』と、単著を三冊の他、共訳書2冊を出すことができ、近来にない収穫となった。明治に引っ張ってくれた、石川幹人情報コミュニケーション学部教授には、深く感謝している。
 そういうわけで、御茶ノ水駅から駿河台校舎への道筋の光景を、アップロードしておく。

1

左は、中央線御茶ノ水駅聖橋口を降りたところの、地下鉄新御茶ノ水駅への入り口のあるビル。

2_2

次は、聖橋口から西へ歩いたところの、穂高という伝統的喫茶店の入り口。

3

3枚目は、南へ向かう道路。街路樹が多い。やがて左手にニコライ堂の敷地が来る。

4

5

4枚目は、地下鉄新御茶ノ水駅への降り口の入っているビルと、ニコライ堂の敷地の間にある、「水の流れていない泉水」。左側に見える喫茶イシイは、待ち合わせでよく利用している。
5枚目が、ニコライ堂の後背地に建つ付属の建物。遠くにニコライ堂本体が見えるが、高層ビルに囲まれて、すっかり目立たなくなってしまっているのは残念。
+++【ブログの主の関連する新刊】『夢の現象学・入門』(渡辺恒夫著、講談社新書メチエ、2016年7月刊)+++

« フッサール心理学(39)/夢の現象学(107):『心の科学史』(高橋澪子、講談社学術文庫)が発売されたの巻/夢2題の巻 | トップページ | 夢の現象学(109):夢が見知らぬ顔ばかりになる原因の巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/64251039

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(108)/フッサール心理学(40):過去へ遡る夢の巻/明治大学最後の学期が始まったの巻:

« フッサール心理学(39)/夢の現象学(107):『心の科学史』(高橋澪子、講談社学術文庫)が発売されたの巻/夢2題の巻 | トップページ | 夢の現象学(109):夢が見知らぬ顔ばかりになる原因の巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会