« 夢の現象学(105):煙突工事現場の恐怖の正体と楳図かずおのマンガキャラの巻 | トップページ | フッサール心理学(39)/夢の現象学(107):『心の科学史』(高橋澪子、講談社学術文庫)が発売されたの巻/夢2題の巻 »

2016年8月26日 (金)

夢の現象学(106):前日見た「シン・ゴジラ」と状況が類似した夢の巻/FM東京の番組収録で台風の中を自由が丘まで行ったの巻

■8月20日(土)夢を見た。

 夢の前半では、何かの学会か研究会に出席していた。
 次の場面では、会から帰る時に、二人の人物と一緒になった。かれらは、「あの時会いましたね」と言う。私の方はよく覚えていない。
 後半では場面が全く違っていて、どこかの室内にいるのだったが、ドアの向こうから、何か大きな動物のようなモノが、ドアを押してくるのだった。そのうちどうやら巨大な犬だと分かってきた。レター入れのようなスリットから、鼻先が時々のぞく。だんだん、スリットの割れ目が拡がってくる。
 室内には、他にひとり相談相手がいたようで、食べ物をやって手なずけよう、ということにななった。鼻先にポテトチップを突き出してみる。食べる。
 そんなことをくりかえしているうちに、鼻先全体が出てくる。食べ物を突き出した拍子に、指ごと噛まれてしまった。「いたたた‥‥」でも、本気で噛んだわけでもないらしく、血も出ていない。
 そんなことをやっているうちに、目が醒めた。
■ドアの外の巨大な犬は、前日に見た「シン・ゴジラ」の最初の方で、東京湾トンネルの上部から水蒸気が噴出していて、対策会議で主人公らしき人物が「巨大な未知の生物がいると推定します」と発言している場面を連想させる。
 こうして記録してみると、前日の出来事が、エピソード記憶としてそのまま夢に取り入れられるのではなく、状況の類似として取り入れられているのが分かる。
■今週初め(22日)には、FM東京の番組収録で、自由が丘の近くのシャララカンパニーという制作会社のスタジオに行った。ちょうど台風の日だったが、なんとか辿りつけた。
スタジオは大井町線で自由が丘の一つ向こうの九品仏駅の近くにあった。そばに浄土寺という、大きな寺があった。こんな大きなお寺がこんなところにあったとは知らなかった。池上本門寺なら、小さい頃、母に連れられて、法話を聴きに何度か行ったことを、ぼんやりと覚えているのだが。
 番組は土曜夕方5時からの「ピートのふしぎなガレージ」といって、主人公の新一青年が、眠りについて三人の専門家に話を聞くという設定だという。もちろん私の話は夢についてである。新一を演じる若い俳優が、たいへん感じが良く、おかげでリラックスして話ができた。
 9月3日放送だそうである。
+++【お願いェブサイトにも著作権があります。引用の際はこのウェブの著者名:渡辺恒夫を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« 夢の現象学(105):煙突工事現場の恐怖の正体と楳図かずおのマンガキャラの巻 | トップページ | フッサール心理学(39)/夢の現象学(107):『心の科学史』(高橋澪子、講談社学術文庫)が発売されたの巻/夢2題の巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/64110735

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(106):前日見た「シン・ゴジラ」と状況が類似した夢の巻/FM東京の番組収録で台風の中を自由が丘まで行ったの巻:

« 夢の現象学(105):煙突工事現場の恐怖の正体と楳図かずおのマンガキャラの巻 | トップページ | フッサール心理学(39)/夢の現象学(107):『心の科学史』(高橋澪子、講談社学術文庫)が発売されたの巻/夢2題の巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

人文死生学研究会