« 夢の現象学(102):『夢の現象学・入門』が出版されたの巻 | トップページ | 夢の現象学(104):1週前と前日の記憶が混ざった夢を見たの巻 »

2016年7月25日 (月)

夢の現象学(103):覚醒直後の数分間見当識を失うの巻/FM横浜の番組出演でみなとみらいへ行くの巻

■2016年7月25日。

 夢を見た。窓外に海辺が拡がっているマンションらしき所に住んでいた。高知の海だったかもしれない。海辺の風景以外にも、ストーリーがあったと思うが、思い出せない。

 そして、目が醒めた。醒めた直後は、現実にも窓外に海辺の風景がひろがっている、と思い込んでいたようだ。続いて、「あれ、自分はいったいどこに住んでいるんだろう」と、自問自答した。どうやら、ここは千葉らしい、と分かるまで、数分かかったのだった。見当識を喪失していたのだ。

 アラン・ホブソンの『夢に迷う脳』の冒頭にも、旅行中にホテルで目を覚まして、もっとひどい見当識喪失に陥った経験談が載っている。といっても、「ここはどこ?」は分からなくなっても、「私は誰?」までは見当識障害は及んでいなかったようだ。

 もし、毎朝目を醒ますたびごとに、「ここはどこ?私は誰?」が分からなくなって、そのつど色んな手がかりから再構成をせざるを得ないとしたら、毎朝異なる人格として目を醒ますのと、似たようなことになるだろう。人格の同一性には明証的な基準なんか存在しないという、私がこれから練り上げて行かねばならない立場にとっては、有利になる話ではないだろうか。(朝10時、総武線快速の車中にて。

■前後するが、7月23日(土)には、 FM横浜のFuturScapeという番組に生放送で出演すべく、朝7時半に千葉駅を出発して、桜木町から、みなとみらいのランドマークタワー10Fのスタジオまで行った。

_

 写真左が桜木町駅前からのランドマークタワー。
 やがて動く歩道から帆船が見えてくる↓。
 

__3

 後で日本丸という名だと知った。そういえば、そんな名の練習帆船があったような気がする。 
 今までテレビは5~6回出たことがあるが、いつもテレビ局の方が実験室に撮影に来てく
れていた。
 ラジオもNHKの「学問新時代」と「宗教の時間」(笑)に出たことがあるが、どちらも録音ものだったので、生放送の出演はこれが最初で、かなり緊張した。
 でも、『夢の現象学・入門』の宣伝のためとあれば、やらないわけにはいかない。講談社の広報の人まで、来てくれていたし。
 

4__2

3__2 ディレクターが作ってくれた台本とがよかったせいもあり、パーソナリティの小山薫堂さんと柳井麻稀さんが理解が早く話しやすかったためもあり、思ったより出来栄えは良かったようだ。

 終わって、スタッフの人たちも、面白かったと言ってくれた。

写真は、右が小山薫堂さん、左は柳井麻稀さん。

8_

その後、ホッとした勢いで、料金250円を払って、日本丸へ乗船。

5__2

6__2

7_

写真を並べただけになったが、最後の方の、船の写っていない写真は、ホッとして桜木町近くのビルの6Fレストランに入り、窓越しにみなとみらいの全景(?)を撮ったもの。

10_6f

9_

+++【お願いェブサイトにも著作権があります。引用の際はこのウェブの著者名:渡辺恒夫を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« 夢の現象学(102):『夢の現象学・入門』が出版されたの巻 | トップページ | 夢の現象学(104):1週前と前日の記憶が混ざった夢を見たの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/63962223

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(103):覚醒直後の数分間見当識を失うの巻/FM横浜の番組出演でみなとみらいへ行くの巻:

« 夢の現象学(102):『夢の現象学・入門』が出版されたの巻 | トップページ | 夢の現象学(104):1週前と前日の記憶が混ざった夢を見たの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会