« 夢の現象学(99)高空を歩行する夢の巻/明治大学最後の教員懇談会に出席の巻 | トップページ | フッサール心理学(37):比較思想学会のパネルディスカッション »

2016年4月29日 (金)

夢の現象学(100):明治で最後の脳波実験をしていたの巻/近著『夢の現象学・入門』が7月に出るらしいの巻

■2016年4月28日(木)夢を見た。

 明治大学で、最後の睡眠脳波の実験指導をしているのだった。
 私の研究居室でもある小実験室では、卒研生が一人、作業をしていた。東邦大で「課長」という仇名だった8年ばかり前の学生と、最近の研究会で会った他の大学の院生を併せたような顔をしていた。次の間の実験室では、三年生が何人か、作業をしていた。かつて、東邦大理学部の実験室でよく見られた光景だった。
 卒研生と、脳波電極用接着剤をめぐって何か言い合っていた。「接着剤はタダで作る!」といったことを私は言っていたようだった。実際、フラスコの中には、以前手作りで製造した液体の接着剤が、大量にあった。
 次の間の実験室の窓からは、グランドが見え、ラグビー部やサッカー部の明治の選手がいた。それらの選手は、レギュラーになって多少名が出るともう、プロになってしまうのだという。
 あとは思い出せない。
■朝、例によってスマホに数語を打ち込んで、寝る前の時刻になって思いだそうと書いているのだが、結局、これくらいしか思い出せない。
 けれども、「明治大学最後の脳波実験指導」というのには、夢らしい虚構ながら懐かしい響きがある。現実には実験指導は、4年前に東邦大学を退職した時に終っていて、明治では実験指導などやっていないのだが、「最後の実験指導」とは、今年度が明治で教える最後の年に当たるということで、出て来たのに違いあるまい。
 また、「以前手作りで製造した液体の接着剤」とは、十年以上前に東邦で、それまで使っていたセロイジンという電極用接着剤が製造販売終了になってしまったので、メーカーの人に代わりの接着剤の製法を教えて貰い、ニトロセルローズにジオチルエーテルとイソプロピルアルコールを等量ずつ加えて作ったコロジオンのことだと、目覚めてから改めて思った。
 今から思うと、元々メカ音痴に近かった私が、よくそんな、化学実験の真似事までできたものだと、我ながら感心してしまう。
■近著『夢の現象学・入門』がこの7月にも出ることになった。
  これも、理科系大学の中で、文学部出身教員ながら、毎年のように卒研生を取って夢実験室を運営してきた、執念の賜物だろう。おかげでその成果が、6年前には『人はなぜ夢を見るのか』(化学同人、2010)という著書となって出たのだし、また、その最終章で予言しておいた夢の現象学という構想が、今年の夏にも、『夢の現象学・入門』(講談社選書メチエ)として出ることになった、というように、思わぬ形で結実しつつあるのだから、未来のことは分からないものである。
  『夢の現象学・入門』は、初校を渡されたところで、「あとがき」もこれから書かねばならない。書いたらまた報告することにしたい。
 :
 ;
+++【お願いェブサイトにも著作権があります。引用の際はこのウェブの著者名:渡辺恒夫を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« 夢の現象学(99)高空を歩行する夢の巻/明治大学最後の教員懇談会に出席の巻 | トップページ | フッサール心理学(37):比較思想学会のパネルディスカッション »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/63551013

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(100):明治で最後の脳波実験をしていたの巻/近著『夢の現象学・入門』が7月に出るらしいの巻:

« 夢の現象学(99)高空を歩行する夢の巻/明治大学最後の教員懇談会に出席の巻 | トップページ | フッサール心理学(37):比較思想学会のパネルディスカッション »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会