« フッサール心理学(34):『間主観性の現象学Ⅲ その行方』(フッサール、筑摩書房刊)の訳語は他者問題を隠蔽している疑いがあるの巻 | トップページ | 夢の現象学(94)久しぶりに明晰夢を見たの巻 »

2015年11月26日 (木)

夢の現象学(93):夢の呉れた奇抜なアイデアの巻

■二度寝をして見た夢。

2015年11月24日。夢を見た。
 集合住宅の4階に住んでいるという設定になっていた。
 最初の方は憶えてない。大学食堂のような所で定食を注文し、カウンターで待っていたが、なかなか出てこない。
 そのうち後から来た男の客が、出てきた料理を持って行った。私は呼び止めた。「それは私のですよ」といったようなことを言った。
 男は振り向くと、拳を固め、ボクシングの体勢で来る。すっかりけんか腰だ。
 見ると男の持っている料理はラーメンだった。私のとは違ったようだ。男はそのまま去った。
 しかし、私の定食は依然としてなかなか来ない。その間に家に戻ろう、と思った。
 家は近かった。エレベータで4階まで上る。ひどく旧式のエレベータで、乗った者が人力で上昇させるのだ。
 全体は錆びた鉄骨からできた鳥籠のようで、中にいる者が手を隙間から出してコンクリートの壁をつかんでエレベータ全体を引っ張り上げるのだ。
 こんな、人力で引っ張り上げるエレベータは他にないだろうと、夢の中で思った。
 4階に着いた。左右に出入り口があるところは、10年前まで住んでいた成田の公団住宅と同じだった。ドアを開けようとして、持っていた鍵が壊れているのに気づいた。壊れているのは頭の部分だけだ。合鍵は家の中にある。とにかく、何とかドアはあいた。
 家の中で何か探し物をしていると、妻が帰って来たらしい気配。
 そこで目が覚めた。
■錆びた鉄骨でできた鳥籠のようなエレベータを人力で乗降させるというアイデア
 このアイデアは奇抜だが、物理的には不可能だと思った。
 いや、そうでもないか。落下防止の鳥籠にはいったまま、ロッククライミングをやるというアイデアなら、役に立つかもしれない。もちろん、鉄骨ではなく、軽い合金か何かを使う。普段は折りたたまれていて、落下の衝撃でパラシュートよろしく開く、というわけだ。
 あるいは、車に取り付けられているエアバックのようなものか。
■15年ほど前に見て、このブログの最初の最初に記した、「ひとつとせ、7つの月が昇るとき、昇るとき」のわらべ歌の謎を解きに、民俗学者となってある山村へ行くという夢でも、7つの月が昇るような地点に立つとそこが宝のありかへの道しるべになるというアイデアがあった。
 7つの月が昇って見える場所など、物理的に不可能だと思ったが、目が覚めて良く考えると、けして不可能ではないのだ。7つの峰の頂付近が、水晶のような鉱物からできていて、月の光を屈折させるので、ちょうどある地点では7つの月が昇るように見える、という想定は、あながち不合理とも言えないなと、後から思ったものだった。
+++【お願いェブサイトにも著作権があります!引用の際はこのウェブの著者名:渡辺恒夫を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« フッサール心理学(34):『間主観性の現象学Ⅲ その行方』(フッサール、筑摩書房刊)の訳語は他者問題を隠蔽している疑いがあるの巻 | トップページ | 夢の現象学(94)久しぶりに明晰夢を見たの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

一般的にエレベーターはエネルギーを節約するために人が乗る筐体と釣り合うような重りが天井の滑車を介して側面に吊り下げられているので、思ったほどは力が要らないかもしれません。私も(夢の中で)小型のモノレールの様な乗り物に乗っていて、脇に立っているビルの壁面を自分の手でたぐりながら移動したことがあります。「こんなことか出来るのではないか」と思ったことが、夢の中では、物理的な制約を受けずに簡単に実現してしまうようですね。

いつも有益なコメント有難うございます。アイデアとしては、モノレールから手を出してビルの壁を手繰りながら移動する方が、奇抜ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/62750821

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(93):夢の呉れた奇抜なアイデアの巻:

« フッサール心理学(34):『間主観性の現象学Ⅲ その行方』(フッサール、筑摩書房刊)の訳語は他者問題を隠蔽している疑いがあるの巻 | トップページ | 夢の現象学(94)久しぶりに明晰夢を見たの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会