« フッサール心理学(31):ジュリアン・グリーンの異色作 "Si j'etais vous ..."(もしも私があなただったら)の序文に幼少期の自我体験を見つけたの巻 | トップページ | 夢の現象学(89):未来へのシミュレーションが即、現在化された例の巻 »

2015年8月26日 (水)

夢の現象学(88):今朝見た夢は現実世界の平行宇宙に似ていたの巻

■8月26日 夢を見た。東邦大にいた。


 教養1号館の古い建物の三階が研究室のまま、定年退職になるという設定だった。
 時間設定は、退職後少ししての時期らしかった。何かの用事で教養1号館に足を運び、研究室の斜向いの旧第二外国語研究室に、見知らぬ顔の新任教員が入っているのを目撃したのだった。
 次にその上の4階の教室に上ると、何かの実習(化学実習?)をやっていた。現実には4階は非常に大きな階段教室にだったのだが、夢では3つの中規模教室に仕切られていた。実習クラスの人数が多すぎて、3つの教室に分かれて同じ授業を、教員はただ一人で、やっているらしかった。私が入っていった教室は、最前列の三列だけが学生で埋まっているという、中途半端な状態だった。教員は他の教室にいるらしい。
 私はこの教室の前部の壁に何か用件があったらしい。「ちょっとごめんなさい」とか言って、壁から何かを取り出して、「お邪魔しました」とかいって引き揚げた。
 後は憶えていない。
■つまらない夢のようだが敢えて記録するのは、少しづつ現実界と設定がズレているから。
@教養科の古い建物の三階が研究室のまま定年退職。→→実際は生命圏環境科学科に移ると同時に新築の理学部5号館5階に研究室を移してから定年退職。
@時間設定が退職後1年以内。→→今は退職後4年目。
@旧第二外国語研究室に見知らぬ顔の新任教員が。→→昨年学科創設記念行事に出席したとき環境管理科学部門の新任教員に初めて会った。
@4階には教室が三つあった。→→実際には大きな教室が1つだけ。
 このように設定が少しづつ違う世界から戻ってきたのだった。しかも、思い出せることがホンの少ししかないにもかかわらず、なぜか、一個の世界に生きていたという、一種の懐かしさを伴った充実感があった。
 現実世界と夢世界の関係は、設定が少しづつ違う平行宇宙同士の関係に似ている。
 物理学的には、エヴェレットの量子力学の多世界解釈だ。
 そして分析哲学的には、デーヴィット・ルイスの可能世界同士の関係というわけだ。
 そんなことまで考えるほどに、実在の世界に確かに存在していた、という充実感があった。
 もっとも、逆に、特に悪夢ではないのに非現実性に耐えられず、夢だというはっきりした自覚がないままに目ざめる努力を無意識に始めていて、実際に目がさめてホッとするという、そんな夢も少なくないのだが。
+++【お願いェブサイトにも著作権があります!引用の際はこのウェブの著者名:渡辺恒夫を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« フッサール心理学(31):ジュリアン・グリーンの異色作 "Si j'etais vous ..."(もしも私があなただったら)の序文に幼少期の自我体験を見つけたの巻 | トップページ | 夢の現象学(89):未来へのシミュレーションが即、現在化された例の巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/62162433

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(88):今朝見た夢は現実世界の平行宇宙に似ていたの巻:

« フッサール心理学(31):ジュリアン・グリーンの異色作 "Si j'etais vous ..."(もしも私があなただったら)の序文に幼少期の自我体験を見つけたの巻 | トップページ | 夢の現象学(89):未来へのシミュレーションが即、現在化された例の巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

人文死生学研究会