« 夢の現象学(84):海底二万哩の続編を読んでいる夢の巻 | トップページ | 夢の現象学(86):夢日記を書きながら現象学的考察をしている夢を見たの巻 »

2015年4月30日 (木)

夢の現象学(85):超越的存在性を獲得していた夢の家も取り壊される日が来たのかの巻

■4月28日(火)。夢の中でよく行く家にいた。

 いつものようにその家の二階に不法に住み着いているのだった。
 何十年か前のこの夢の家の始まりでは、何かの関係で正当に宿泊していたはずだったが。
 そのうち、夢にこの家が出てくることが度重なるにつれて、滞在が長引き、不法占拠になってしまって肩身が狭くなったが、表だってとがめられたことは一度もない。(この夢の家の源といえば、ちょうど30年前に大阪天王寺の呑み屋の二階(三階だったかな?)に泊まった経験位しか思い浮かばない)。
 今度の夢では、三年前に世を去った母もいて、同じ家に住んでいるのだった。
 最初の方は憶えていない。そのうち、同じ階の反対側の、いつもは行かない区画に足を踏み入れていた。畳敷きの大広間になっていて、「ニフティ様御一行」といった立札が立っていた。ニフティが借りきっているらしい。
 それから記憶の欠落があり、次の場面では外出から戻ってみると、家全体に工事用の青いシートがかけられ、巨大なブルトーザーが家を根こそぎにしようと動き出しているのだった。とうとう、最後の日が来たのだ、と思った。
 眺めているうちに、工事現場の拡声器が、「渡辺さん、現代思想から電話がありました」と、呼び出しをかけてきた。そういえばこの夢の前の方でも何度か、この件を聞いていたが、今まで無視してきた(ちなみに『現代思想』には、2003年に一度書いたきり、ご無沙汰してしまっている。)今度も取り込み中なので後回しにすることにした。
 とにかく、家の中から、荷物を取り出さなければならない。下着類はまあいいとしても春物の紺スーツはもったいない(このスーツは、昨日明治への出講で何年かぶりで着たばかりだった)。そこで、青いシートをかいくぐって、家の中に入り込んだ。探し始めたところで、目が覚めた。
 前日の小物(春物のスーツ)がさっそく夢に出てきたわけだが、それ以外は、ニフティだの現代思想だのが、なぜこの夢に出てきたのかは、連想しても手掛かりがない。
■それよりも、数十年にわたって夢の中だけに出てきた、二階に不法に滞在している古い家が、この夢ではいよいよ取り壊されることになったらしい。
 何度となく夢に出てきて、それも夢だけに出てきて、一種の超越的存在性を獲得していた古い家がである。 
 これって、もうこのシリーズ夢を見なくなるということだろうか。
 見なくなったシリーズ夢といえば、大学院に入ったころから断続的に見ていた、地底の古文書を探究する夢があるが、高知にいたころ見たのを最後に、関東に出て来てからは見なくなってしまった。古文書が見つかったから見なくなった、ということでもないらしい。
 二階を不法占拠している古い家の夢が、今後どのような帰趨となるかは、注意していなければならない。
+++【お願いェブサイトにも著作権があります!引用の際はこのウェブの著者名:渡辺恒夫を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« 夢の現象学(84):海底二万哩の続編を読んでいる夢の巻 | トップページ | 夢の現象学(86):夢日記を書きながら現象学的考察をしている夢を見たの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/61514620

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(85):超越的存在性を獲得していた夢の家も取り壊される日が来たのかの巻:

« 夢の現象学(84):海底二万哩の続編を読んでいる夢の巻 | トップページ | 夢の現象学(86):夢日記を書きながら現象学的考察をしている夢を見たの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会