« 夢の現象学(81):宇宙的な夢を見て、現象学における「なぜ」の問いの意味を考察するの巻 | トップページ | 夢の現象学(83):スイス在住の三歳時の句集が載った文庫本を発見するの巻 »

2015年2月26日 (木)

夢の現象学(82):地球侵略の宇宙人エージェントに変身するの巻

■久しぶりに「他者になる夢」を見た。

 大学のキャンパスにいた。騒然としていて半世紀前の京大のようだった(現実の京大と似ているわけでなく、目が覚めてからの連想かもしれない)。どうやら、学生の蜂起が間近いらしかった。
 同時に、宇宙人の侵略が進行中だった。なぜか私はそれを知っていた。多分、第三者視点で、全体を物語る作者の立場にいたからかもしれない(もちろん夢の中ではそんな自覚は多分なく、目覚めて気がついたことだが)。
 キャンパスの中にF教授(東邦大学の情報科学科教授だった人で、私より一歳年下)の姿があった。
 Fさんは、地球人に姿を変えた宇宙人エージェントの一人らしい。事務職員らしき男に出会うと、その額に手を当てる。しばらくすると職員は、「何日の何時にこれこれの部屋の鍵を開けておく」といったことを呟いた。精神支配が効き目を奏したらしい。額に手を当てている時間が少し長すぎて、あまり実用的でないような気がしたが。
 そのうち、私はFさんに成っていたようだった。
 Fさんの姿で宇宙人エージェントとしてキャンパスの建物の間を行くと、学生運動家の集団が来たので、建物の中に隠れてやりすごした。リーダーの精悍な顔に、京大時代、哲学科で同級だったO君を認めた(O君は民青系だから学生蜂起とは対立する側のはずだが、そんな矛盾は夢の中では念頭に浮かばなかった)。
 私はキャンパスの中を、建物から建物に、ぴょんぴょんと半ば飛ぶようにして進んでいく。キャンパスのその辺は、東邦大学の隣の日大に隣接する塀際の、理学部4号館のあたりの風景になっていた。
 そのうち目が覚めた。
■現象学的考察:F教授は現実の他者というよりフィクション中の人物ではないか?

 F教授は実在する他者である。けれども、この夢が最初のうち第三者視点で物語作家のように全体を進行させつつ観察していた、という記憶が正しいなら、F教授は、ハリーポッター物語を読んでいる時の魔法使いハリーとたいして変わらぬ存在とも思えてくる。他者への変身と言っても、虚構存在への変身と、現象学的には区別できなくなってしまう。
 印刷中論文「他の誰かになる夢」↓

「AuthorsProof_No15WatanabeT.pdf」をダウンロード

でも指摘しておいたが、もともと夢世界では、現実世界における実在他者と虚構他者の間の区別が成り立たないのだ。
 つまり、夢世界では他者の超越性が問題にならない、ということになる。
 するとどういうことになるのか。
 このような現象学的構造の夢世界における間主観性に、フッサール間主観性論(正確にはそのクラウス・ヘルトによる批判的再構成)が適用できるということ自体、フッサールでは他者の超越性が本当は喪われている、ということを示しているのかもしれないではないか!
+++【お願いェブサイトにも著作権があります!引用の際はこのウェブの著者名:渡辺恒夫を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« 夢の現象学(81):宇宙的な夢を見て、現象学における「なぜ」の問いの意味を考察するの巻 | トップページ | 夢の現象学(83):スイス在住の三歳時の句集が載った文庫本を発見するの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/61186184

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(82):地球侵略の宇宙人エージェントに変身するの巻:

« 夢の現象学(81):宇宙的な夢を見て、現象学における「なぜ」の問いの意味を考察するの巻 | トップページ | 夢の現象学(83):スイス在住の三歳時の句集が載った文庫本を発見するの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会