« フッサール心理学(29):1月23日『現象学的心理学』の著者D.ラングドリッジの講演会「セクシュアリティとシティズンシップ」のお知らせの巻 | トップページ | 夢の現象学(81):宇宙的な夢を見て、現象学における「なぜ」の問いの意味を考察するの巻 »

2015年2月 1日 (日)

夢の現象学(80):論文「他の誰かになる夢と間主観性」のAAM版を公開するの巻

■明治大学の紀要論文「他の誰かになる夢と間主観性:夢の現象学ノート(1)」が、昨年末に査読を通ったので、この1月の半ばに、必要な修正を施したうえで、決定版を事務局に送付しておいた。

 他の論文で査読が遅れているものもあり、紀要が出るのは3月末になる見込みだという。昨年と同じペースだ。昨年度の論文は、それからさらに図書館にレポジトリー入りを申請し、PDF版が出たのは7月のことだった。今年はそれほど悠長に構えているつもりもないので、自分で作った

「JokomiKenkyuNo15WatanabeT_inprint.pdf」をダウンロード

を公開しておく。
 PDF版と言っても、まだ出版になっていない以上、AAM版(Accepted Author Manuscript)だ。
 これは、掲載承認済みの原稿に必要に応じて修正を施した著者による決定版で、最終的にジャーナルに送った原稿と同一の原稿だ。ほぼそのまま掲載になる予定で、初校も出ているので掲載誌上の頁番号も分かっている。
 各種専門誌発行の最大手、ELSEVIER社のサイトを見ると、AAM版は商業目的でない限り著者自身が公開してもよろしいと書いてあるので、本ブログ上のアップロードも問題ないだろう。引用に当たっては、PDF版のヘッドにある注意書きを読んでいただきたい。
 参考までに、以下に「要約」と「キーワード」を引用しておく。なにやら専門用語が多くてムズカシそうだが、要約は厳しい字数制限があるため、どうしても厳めしい文章になってしまう。本文はもっと分かりやすいので、興味のある方は読んでいただきたい。

【要約】他者へと変身する夢を間主観性問題への挑戦とみなし、現象学的解明を試みる。まず著者の先行研究より、夢世界では想像対象、予期・想起対象など準現在化対象は、すべて現在化(=現実化)されることを確認した。次に、著者自身のブログに掲載された74の夢事例の中から視点転換を伴い他者になる夢5例を選択して考察するという、現象学的な当事者研究を行った。その結果、フッサール間主観性論でいう向現前化の対象が現前化するという、共通の構造的特徴を確認した。結論として、フッサール説では他者への志向的意識(=向現前化)は想像意識と予期・想起意識という2種の準現在化の共同作業ということになってしまうとして批判したクラウス・ヘルト説を、間主観性論の批判的再構成とみなして依拠し、夢世界ではこれら2種の準現在化作用が共に現在化され現実化するがゆえに他者への変身が可能となる、というように解明した。

【キーワード】 夢の当事者研究、現象学的心理学、フッサールの間主観性理論、現前化/向現前化、クラウス・ヘルト

■今朝がたも見知らぬ他人ばかりの夢を見た。
 今年(2015年)に入ってから、肝腎の夢日記を書いていないので、今朝方に見た夢を書いておく。
 26年前まで勤めていた高知大学の朝倉キャンパスが出てきた。土電(路面電車)を降りて西へ、キャンパスの塀に沿って歩くと、キャンパスの角に出る。そこから南に向かって歩いていたようだった。
 この辺は、車の多いひどく殺風景なところだ。といっても、すぐ西には、異常に竹藪の繁茂した山が聳えていたりするので、単なる大都会風殺風景とも違う。
 誰かと一緒に、歩いていた。誰かは見知らぬ、やや若い男だった。工場の敷地のようなところに入り込んだ。反差別製造工場、ということになっていたと憶えている(スマホに残したメモ書きによると)。あとは憶えていない。
 この夢が印象に残ったのは、出てきた唯一の他人が、見知らぬ人間だったからだ。数日前に見た夢も、見知らぬ人間ばかりだった。小規模の学会のような場にいたのだが、学会の世話役というのが、見知らぬ若い(私にくらべればの話だが)男だった。他に、見知った顔はいなかった。
 数年前にこのブログにアップロードした記事も、世の中見知らぬ人間ばかりになるという不安の萌した夢の記録だったが、不安が現実に近くなりつつあるような気がする。
+++【お願いェブサイトにも著作権があります!引用の際はこのウェブの著者名:渡辺恒夫を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« フッサール心理学(29):1月23日『現象学的心理学』の著者D.ラングドリッジの講演会「セクシュアリティとシティズンシップ」のお知らせの巻 | トップページ | 夢の現象学(81):宇宙的な夢を見て、現象学における「なぜ」の問いの意味を考察するの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/61055724

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(80):論文「他の誰かになる夢と間主観性」のAAM版を公開するの巻:

« フッサール心理学(29):1月23日『現象学的心理学』の著者D.ラングドリッジの講演会「セクシュアリティとシティズンシップ」のお知らせの巻 | トップページ | 夢の現象学(81):宇宙的な夢を見て、現象学における「なぜ」の問いの意味を考察するの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

人文死生学研究会