« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の記事

2015年1月 8日 (木)

フッサール心理学(29):1月23日『現象学的心理学』の著者D.ラングドリッジの講演会「セクシュアリティとシティズンシップ」のお知らせの巻

■講演会「セクシュアリティとシティズンシップSexuality and Citizenship」(講師:ダレン・ラングドリッジ Dr. Darren Langdridge、英国、オープン大学社会科学部心理学科長 The Open University, UK)のお知らせ。

日時:2015年1月23日(金)、17:00-18:50
場所:東海大学湘南キャンパス、1号館2階、1B-204教室
お問い合せ:0463-58-1211(内4902)文明研究所
入場無料、同時通訳付き
アクセスマップ(キャンパスガイド)
詳しくは、PDF版を

「Langdridge_SexualityandCitizenship.pdf」をダウンロード

してみてほしい。
 ちなみに、ラングドリッジさんのことは、二つ前のブログ記事「現象学は民主主義の原理である」にも書いた。私を含め三名で、『現象学的心理学:理論・研究・方法』(仮題)を訳出中で、来年早々の出版を目指している。今回は、共訳者の一人、東海大の田中彰吾氏が企画したもの。参加資格は別にない。場所がやや遠いので、どれだけ集まるか気がかりなところで、参加者は歓迎されるだろう。
 もちろん、今回の講演は現象学ではなく、ラングドリッジさんのフィールドである、セクシュアルマイノリティの専門的相談に関するものだという。
<この記事、未完>
【お願いェブサイトにも著作権があります!引用の際はこのウェブの著者名:渡辺恒夫を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人文死生学研究会