« 夢の現象学(70):悪魔の化石というおぼろげな夢でも世界性の実在確信があるの巻 | トップページ | 夢の現象学(72):論文のタイトルを「他者になる夢」に最終的に決めるの巻 »

2014年7月10日 (木)

夢の現象学(71)/フッサール心理学(25):NHKテレビの取材を受けるの巻/近刊『他者問題で解く心の科学史』の見本ができたの巻

■NHKテレビの取材を受けるの巻

もう一週間以上の前になってしまったが、久しぶりのテレビ取材があった。
NHKで8月から総合テレビで「日本の知恵袋」という放送が始まり、それに合わせて、みたい夢を見る方法という特集を編集中だという。
 一か月ほど前から環境科学部のディレクターが話を聞きにきていて、明治大の明晰夢関係の若手研究者など紹介してあげて、私自身はもうお役御免だと思っていたのに、やはり撮影したいということで、研究場面など撮影して行った。テレビ取材は5、6年ぶりだし、毎日のように学生の実験指導をしていた頃と違って、話しぶりがつっかえつっかえになってしまい、何度も撮り直した。チームの方々も、さぞ呆れていたことだろう。「こうしてみるとアナウンサーというのはエライですよね」と言ってやった。実際、咳払い一つしないというのは、考えてみればすごいことだ。こちらは何度もやり直しているうちに声がガラガラになってしまって、カメラマンの方の持っていた喉飴をなめながらの撮影になった。
 8月18日22時~22時45分が放送予定だという。もちろん、私を紹介してくれたという文教大の岡田斉さん他の現役バリバリの方々が多数出られるのだから、編集次第では私の場面は聞き苦しければカットして貰っても構いませんよと言っておいたが、どうなることやら。アナウンサーまで行かなくとも、情報番組やら科学ニュースやらで研究者のコメント場面を見る機会が増えているが、みんな堂々としゃべっている。それに引き比べ、自分が惨めに思えてくる。
■近刊『他者問題で解く心の科学史』(渡辺恒夫著、北大路書房、2014)の見本ができたの巻。
 昨日、見本が一冊送られてきた。発売は7月20日だそうだ。
 一昨年(2012)の秋、『フッサール心理学宣言』(講談社、2013)の原稿が完成した直後に書き始めて、今年の2月まで1年5か月もかかった原稿が陽の目を見るのだから、嬉しくないと言ったら嘘になる。とりあえず北大路書房のサイトから目次にリンクを張っておこう。
 7月25日の付記。発売はやや遅れて昨日だったようだ。とりあえず、『他者問題で解く心の科学史』でアマゾンにリンクを貼っておいたので、よろしく。
+++【お願いェブサイトにも著作権があります!引用の際はこのウェブの著者名:渡辺恒夫を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« 夢の現象学(70):悪魔の化石というおぼろげな夢でも世界性の実在確信があるの巻 | トップページ | 夢の現象学(72):論文のタイトルを「他者になる夢」に最終的に決めるの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/59961317

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(71)/フッサール心理学(25):NHKテレビの取材を受けるの巻/近刊『他者問題で解く心の科学史』の見本ができたの巻:

« 夢の現象学(70):悪魔の化石というおぼろげな夢でも世界性の実在確信があるの巻 | トップページ | 夢の現象学(72):論文のタイトルを「他者になる夢」に最終的に決めるの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

人文死生学研究会