« 夢の現象学(69):書き始めた論文の題名が「夢の中の間主観性:夢の現象学ノート(1)」に決まるの巻 | トップページ | 夢の現象学(71)/フッサール心理学(25):NHKテレビの取材を受けるの巻/近刊『他者問題で解く心の科学史』の見本ができたの巻 »

2014年6月22日 (日)

夢の現象学(70):悪魔の化石というおぼろげな夢でも世界性の実在確信があるの巻

■2014年6月24日

夢を見た。日曜の朝なので、「南へ車を走らせる」「悪魔の化石がある」とだけ、キーワードを書きつけて、また寝た。
 20分後、起きる決心をして、このキーワードを頼りに思い出そうとした。
 東京から避難するため、南へ向かって車を走らせていたようだった(ちなみに現実には6年前に運転は止めている)。避難の理由は、悪魔復活の恐怖だった。悪魔の巨大な化石が、ナスカの地上絵さながらに、地面に描かれているのだった。それがどこかは思い出せない。ただ、不吉な風景のなかを、車を走らせているシーンだけが、記憶に残っている。
 それ以上、思い出そうとしているうちに、よくあることだが、別の夢の記憶がよみがえってくる。やはり東京の南で、迷路のような地下道を通っていたり、海沿いに、江の島のような所に巨大な白亜の平たい天文台様の建物があったり‥‥。記録もしていない夢で、ひどく朧げなのに、霧の彼方に仄見える実在の風景のように、一種の実在感だけは伴っているのだった。
 この実在の確信が、夢がただの空想と違っているところだ。「確かに、一つの世界に生きていた。どんなに記憶がおぼろでもーー」という確信が。
 この、夢における、言ってみれば世界性の確信の条件は何か。これら、甦ってきた夢では、一回きりではなく何度も同じ場所を訪れたことがある、という思いから来ている。だから夢想起は、現実の記憶想起に劣らない、実在性確信をもたらすのだと思われる。
+++【お願いェブサイトにも著作権があります!引用の際は「プロフィール」欄を参照してこのウェブの著者名を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« 夢の現象学(69):書き始めた論文の題名が「夢の中の間主観性:夢の現象学ノート(1)」に決まるの巻 | トップページ | 夢の現象学(71)/フッサール心理学(25):NHKテレビの取材を受けるの巻/近刊『他者問題で解く心の科学史』の見本ができたの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/59860924

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(70):悪魔の化石というおぼろげな夢でも世界性の実在確信があるの巻:

« 夢の現象学(69):書き始めた論文の題名が「夢の中の間主観性:夢の現象学ノート(1)」に決まるの巻 | トップページ | 夢の現象学(71)/フッサール心理学(25):NHKテレビの取材を受けるの巻/近刊『他者問題で解く心の科学史』の見本ができたの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会