« 夢の現象学(67):小保方事件は第二のルイセンコ事件になるのか?の巻 | トップページ | フッサール心理学(24):7月に出る新著のタイトルが決まるの巻 »

2014年4月22日 (火)

夢の現象学(68):水のない川底を下流へ辿るのが現象学的ライフストーリー研究だという夢の巻/フッサール心理学(23):書評をアップロードしたの巻 ■2014年4月22日(火)夢を見た。

2014422日(火)夢を見た。

最初の方では外国へ行く準備をしていた。私より年長の西洋人がいた。外見はアメデオ・ジオルジさんだったが、中身は、学生の頃に京都の植物園で出会ったアメリカ人と(ジェームズ・アンダーソンという名だったっけ)、スコットランドはスターリング大のヴァレンタインさんを混ぜたような人だった。たまたまその西洋人もパリに行くので、パリで会おうという話だった。そのうち、「それともやめようか。お互い予定もあることだし。わざわざパリで会わなくとも」と彼が言い出して、結局会わないことになった。

 ともあれ、私は出発した。外国ではなく、水の涸れた川の底を、下流へと歩くのだった。下流とは老年期を意味するので、下流へと辿ることが物語(ライフストーリー)を辿ることになるのだった。それが、フッサール現象学の一人称的読みの技法によってライフストーリー研究をすること、ということになっていた。

 川底は、所々、木立の樹冠の高さになっていて、樹冠に積もった枯葉の上にさらに土が積もって、見かけの地面を形成していた。あちこちに穴が開いていて、そこから、はるか下の本物の地面が望まれて、危険な感じだった。地面だと思っていても、いつ踏み破って落ちないとも限らない。やがて川幅の端の方で、ようやく本物の道らしい道に出た。

 途中、何人かの人に出会った。皆、下流を目指していた。バイクを押して歩いている男もいた。下流が老年を意味し、川底を辿るのがライフストーリーを現象学的に語ることだと、みんな、暗黙裡に知っているようだった。この辺で目が覚めた。

■前夜の出来事の影響がありありの夢だった。

 前日は、『科学基礎論研究』に載ったばかりの、「書評『心理学における現象学的アプローチ』(ジオルジ著)」のPDF版「bookreview014.pdf」をダウンロード を、訳者の吉田先生と出版元に宛てて、送付したのだった。だから、西洋人の外見だけは原著者のジオルジさんになった。中身の方にも心当たりがある。この書評の末尾で、Phenomenological Psychologyという本にも触れ、こちらが先に日本語に紹介された方が良かったのでは、といったことを書いた。そして、出版元の編集者に、検討して欲しい旨伝えたのだった。この本の著者は、他の二人の西洋人と共通項がある。というわけで、三人の西洋人の合成人間が出てきたのだろう。

 それにしても、水の涸れた川底を下流に向けて歩いて辿ることが、ライフストーリーを現象学的に研究することだなんて。夢による思考の具象化作用も、極まれりだ。たしかに人生は、川の流れに似てはいるのだが‥‥。


+++【お願いェブサイトにも著作権があります!引用の際は「プロフィール」欄を参照してこのウェブの著者名を明記の上、このURL名も必ず併記して下さい。+++

« 夢の現象学(67):小保方事件は第二のルイセンコ事件になるのか?の巻 | トップページ | フッサール心理学(24):7月に出る新著のタイトルが決まるの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 夢の現象学(67):小保方事件は第二のルイセンコ事件になるのか?の巻 | トップページ | フッサール心理学(24):7月に出る新著のタイトルが決まるの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会