« フッサール心理学(20)/夢の現象学(65):中島梓(栗本薫)の遺著を読んで思うことの巻 | トップページ | フッサール心理学(22):最近世を去ったアラン・レネ監督の『去年マリエンバートで』は、世界の迷宮性を体験させてくれる名作だの巻 »

2014年2月11日 (火)

夢の現象学(66)/フッサール心理学(21):空中歩行の夢と児童期の独我論的体験の関係の巻

■2014年2月10日。三日前に見た空中歩行の夢について思うこと。

 またしても夢のなかで空中歩行をしていたのだった。歩いていて少し気合を入れると、たちまち道路の上、1メートルばかりの空中に浮き上がり、そのまま歩行できるのだった。そうやって、交差点も、空中歩行で通りぬけた。人に気づかれないか気になったが、一般に想像もできないことは目の当たりにしても信じることができず、したがって記憶にも残らないものだ。だから、たとえ見られても、気付かれなかったと、私は夢のなかで思った。
■空中歩行の夢は児童期の独我論的体験の象徴的表現か
 そのうち、空中飛行の夢が、何かを象徴しるのではないかと、思い当たった。思い当たった時、すでに目が醒めていたか、それとも夢のなかで考えていたのかは、もう思い出せない。
 とにかく、思い当たったことは、完成も近い(仮題)『他者論で脱構築する心の科学史』に書こうかなと思っている、「あとがき」のエピソードだった。
 こんなことを、書こうかな、と思っているのだ。
 子どもの頃、世の中の人間たちが、<自分>と<他人>にはっきりと分かれているのが不思議でならなかった。それも、<自分>はたったひとりなのに<他人>は無数にいるので、言わば多数決原理で、「人間」とは「他人」を意味するのだろう。だから私は<自分>である以上、人間ではないのだ。人間のなかに、人間のふりをして紛れ込んでいるだけなのだ。だから、誰にも気が付かれないように、正体ばれないようにして、生きなければならない‥‥。
 この後ろ暗い感覚は、今でもいくらか残っている。たとえば、私が最も苦手とするのが、政治的議論の場である。なぜなら私の観察では、政治的論争では、自分を正義であるとより強く信じている方が、必ず勝つのだから。今にいたるまで私には、自分が正義であるという感覚は無縁なのだから‥‥
 実際に書くかどうかはわからない。ヘンに思われて、内容評価に響くかもしれないし、担当編集者に止められるかもしれない。
++【お願いェブサイトにも著作権があります。引用の際は「プロフィール」欄を参照してこのウェブの著者名を明記の上、このURLも必ず併記して下さい++

« フッサール心理学(20)/夢の現象学(65):中島梓(栗本薫)の遺著を読んで思うことの巻 | トップページ | フッサール心理学(22):最近世を去ったアラン・レネ監督の『去年マリエンバートで』は、世界の迷宮性を体験させてくれる名作だの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/59109635

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(66)/フッサール心理学(21):空中歩行の夢と児童期の独我論的体験の関係の巻:

« フッサール心理学(20)/夢の現象学(65):中島梓(栗本薫)の遺著を読んで思うことの巻 | トップページ | フッサール心理学(22):最近世を去ったアラン・レネ監督の『去年マリエンバートで』は、世界の迷宮性を体験させてくれる名作だの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

人文死生学研究会