« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の記事

2013年10月27日 (日)

夢の現象学(61):幼少期の町を夢に訪れたが見知らぬ風景だったの巻

■2013年10月22日。夢を見た。武蔵新田の駅で降り、13の齢まで住んでいた矢口町の家を見に行くのだった。

 なぜか自転車に乗っていた。裏通りを行くつもりだったが、表通りから分かれる道には道路工事の掲示があったので、そのまま新田神社の前を通る表通りを行く。かなり早いスピードで行く。
 途中の風景には、目が覚めてから思い返しても、見覚えがない。そのうち、左へ曲がる道が近づく。見落として行き過ぎてはいけない。唯一の目印は、左側の角の吉田風呂桶店だ。やがて左側に、見覚えのない、緑の絨毯を敷き詰めたような敷地が展開を始めた。私はそれを、吉田家として認識した。けれども、風呂桶店が見える前に目が覚めてしまった。

■認知地図以外は見覚えのない風景だけで構成されていた。

 目が覚めてから思い返すと、記憶にあるはずの新田神社や風呂桶店でいつも働いていた吉田君のお父さんなどは一切登場せず、見知らぬ風景だけで構成されていたと分かる。つまり、「駅を出て左に曲がらずまっすぐ表通りを行き風呂桶店の角で左に曲がる」という、認知地図だけが現実通りで、途中の風景はたぶん、別の源泉から呼び出して構成したものらしいのだ。
 ちなみに吉田家の庭は、現実には店舗の手前に少しだけある程度なのに、夢ではいやに敷地が長く続くので、「ほんとにこれが吉田家だったかな」と、疑いが萌したような気がする。また、かつての夢の中では、木戸を押して、吉田家の庭ーーというよりその夢の中では「園」というのがふさわしいくらい広いことになっていたがーーに入り込んだ気がするが、現実にそのような木戸があったかどうかははっきりしない。今回の夢は、何年も前に見たこの夢の、続きの要素もあるように感じた。

 そもそも、なぜこんな、幼少期の町の風景に迷い込むような夢をみたのかというと、寝る前にベッドの中で読んだナボコフ自伝の影響かもしれない。ロシアの貴族の家に生まれた幼少期の思い出の探訪が、ナボコフ自伝のテーマだったのだ。

++【お願い】ウェブサイトにも著作権があります。引用の際は「プロフィール」欄を参照して著者名を明記の上、このURLも必ず併記して下さい。++

2013年10月 4日 (金)

フッサール心理学(17):札幌の学会へ出るのに鉄道(青函トンネル経由)で行ったの巻

■9月19日。札幌の学会へ出るため、新幹線、青函トンネル経由で、半日がかりの鉄道の旅を敢行する。

 鉄道で北海道まで行きたいとは、長年の夢だった。
 このほど、定年退職と同時に退会した筈の日本心理学会に、東京農大の鈴木聡志さんが、「<私>をめぐるディスコース分析」というシンポジウムの指定討論者に呼んでくれたおかげで、夢を実現することができた。
 1ヶ月半まえになってしまったがしたためておく。
 なお、この旅行とフッサール心理学と何の関係があるのかというと、シンポジウムでは、現象学の立場から指定討論をしてほしいという注文だったので、あながち無関係というわけでもない。

■東北新幹線で新青森まで行き、JR北日本の函館行特急に乗り換える。

 新青森駅で乗車した特急白鳥。前部からと後部から撮影。Image022_2


Image023

青函トンネルまでは、JR北日本青函トンネル線というそうだ。

Image025_2Image026_2













そのうち青函トンネルを抜けた。車窓には、北海道からの津軽海峡の眺めが展開する。

Image029途中、地図だと、トラピスト修道院を左手に望む地点を通るが、よく分からなかった。右車窓では、水平線上に函館山が近づく(左写真)。Image031_2

右は、函館駅にて。乗ってきた特急白鳥と、函館線の特急(名は忘れた)が並んでいる。

函館線も右側に海が展開してたいへん眺望が良いが、夕暮れが迫り、撮影はできなかった。

Image032

■札幌時計台にてシンポジウムを無事終わり、21日は、札幌駅に行く途中にある時計台を回った。
 2度ほど学会関係で札幌には来ているが、改修工事中だったりして、見学できたのは始めてだ。

■有島武郎の作品の朗読を夢うつつで聞いた思い出

 2階は時計台博物館になっている。この時計台は元々、クラーク博士が開設した札幌農学校のものだったそうだ。卒業生は、2期が内村鑑三と新渡戸稲造、日本風景論の志賀昂志と、そうそうたる面子。7期生に有島武郎の名も見える。大学院生だったころ、目覚まし代わりにかけていたNHKFMラジオで、有島武郎作品の朗読をやっていた。鬱屈を抱えた主人公が時計台の機械室に入り込んでぼんやりしていると、巨大な歯車が動き出して時を打った。主人公は感動した、といった話だった。レム睡眠状態でその朗読が夢に入り込み、夢の中で私も感動していた。夢のなかで朗読を聞くと、覚醒時に読むよりも、はるかに心の奥に深く刻まれて感銘を受けるものだ。
 有島武郎は自分の学校の時計台に入り込んでいたということに、今度、初めて気が付いたのだった。
 まもなく午前10時だから、鐘の音が聞けるかもしれない。話しかけてきた係員にそう問うと、壁に耳を当てると振動ごと聞けるという。その通りにすると、確かに、ゴオオオオーンという建物全体を揺るがすようなすごい迫力の振動と共に、鐘が10時を打つのだった。

正面から見た札幌時計台。観光馬車が止まっている。

Image038

Image039_2

■札幌からの特急が突然運休。やむなく千歳空港へ回り、空路で帰った。

 札幌駅に着いたら、予約していたはずの函館線の特急が運休になったということ。やむをえず、千歳空港へ赴く。待ち時間が8時間もあるフライトしか取れなかったので、空港ビルの屋上にある「温泉」に入る、という落ちの付いた、北海道への鉄道の旅でした。深夜12時過ぎに、何とか千葉の家にたどり着き、そこで初めて、JR北海道がたいへんな騒動になっていると、ようやく気が付いた次第。

 ++【お願い】ウェブサイトにも著作権があります。引用の際は「プロフィール」欄を参照して著者名を明記の上、このURLも必ず併記して下さい。++

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

人文死生学研究会