« 独我論の現象学(9):自我体験の自発的事例を『子どもの神秘生活』の中に見つけるの巻 | トップページ | 独我論の現象学(10):昨年のOxfordでの学会における発表をアップロードした »

2012年8月26日 (日)

夢の現象学(53):またしても世界秘密の書かれた古文書を求めて旅していたの巻

■またしても古文書を求めて旅する夢の中にいたの巻

8月24日。夢を見て目が覚めた。「世界秘密」という語がしょっちゅう出てくる夢だった。アジア大陸の奥地をさる古文書を求めて冒険の旅をしているのだった。その書には世界秘密が書かれていて、読む者は世界の支配者になれるという、伝説の書だった。

 覚えているのは、他に、目ざめる直前に、旅先の岩窟の中にトイレがあり、何人もの男が行列を作って並んで用を足している奇妙な場面があるだけだった。

 目ざめてから思ったことだが、何十年か前にも同じテーマの、古文書を探し求めるという夢を何回か見たことがあった。チベットやインドまで行ったのだった。特にインドで、目的地近くの坂道を歩いていた光景が思い浮かぶ。

 これら一連の古文書を求める過去の夢は、今朝の夢の中では、現実に起こったこととして回想されていた。つまり、夢と夢とが、つながりあっているのだ。最後の岩窟のトイレの場面は、この夢のストーリーの流れに、昨年7月に行ったオクスフォードはSt,Catherineカレッジでのトイレの記憶が侵入したに相違ない。

+++++【お願い】ウェブサイトにも著作権があります。引用の場合は「プロフィール」欄を参照して著者名を明記の上、このURLも必ず併記して下さい。++++

« 独我論の現象学(9):自我体験の自発的事例を『子どもの神秘生活』の中に見つけるの巻 | トップページ | 独我論の現象学(10):昨年のOxfordでの学会における発表をアップロードした »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/56102078

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(53):またしても世界秘密の書かれた古文書を求めて旅していたの巻:

« 独我論の現象学(9):自我体験の自発的事例を『子どもの神秘生活』の中に見つけるの巻 | トップページ | 独我論の現象学(10):昨年のOxfordでの学会における発表をアップロードした »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

人文死生学研究会