« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の記事

2012年7月21日 (土)

独我論の現象学(9):自我体験の自発的事例を『子どもの神秘生活』の中に見つけるの巻

■自我体験("I-am-me"experience)の自発的事例(spontaneous case)を『子どもの神秘生活』(コールズ著、工作舎、1997)の中に見つける

 たぶん、みつかるだろうと思って、350頁から成る分厚い本を、最初から読んでいくと、やはり、あった。最後に近い第12章(宗教にとらわれない自己探求)の中に。

 ケンブリッジの学校で美術史を教えていたとき、熱心なカトリック教徒の女の子が授業中に見た絵のスライドについてあとで聞きに来た。‥‥しかし10歳のこの少女(まだ彼女の名前も知らなかった)は私のそっけない答えにおじけづかなかった。あるいは単に理解できなかったのかもしれない。
 「わたし、夜おいのりするんだけど、ときどきあとでねながら考えてしまうの。どうしてわたしがいまここにいるのかとか、どうしてほかの人じゃなくてわたしが生まれたのかとか。そういうこと考える人はいっぱいいるはずよね。どうしても気になる人が」
 まさにそのとおり、と私はうれしくなり、にっこりしてうなずいた。そして彼女がすなおに自分のことを話してくれたことを感謝した。彼女は信心深いときもあれば、そうでないこともあると教えてくれた。パスカル同様、彼女は、根本的な疑問と孤独感の前では信仰も理性もゆらぐことを知っていたのである。(p.334-335)

 もう一つ、終章(巡礼する子どもたち)の中にも、マサチューセッツ州ローレンスの小学校5年クラスに在籍する「ジニ―」という少女の、次のような言葉をみつけた。

 「わたし早く大人になりたい。大人になれば、神様がわたしにささやいてくれるかもしれないから。‥‥お父さんは車いすにすわって人生について考える。なぜお父さんがお父さんでほかの人ではないのかとか。わたしも考えるんだ。いつか、もしかしたら死ぬすぐ前か後に、なぜわたしがわたしで、ほかの人じゃないのかわかるかもしれないね。それまで待つしかないよ。そのとき神様に会えるといい。‥‥」(p.363)

 むろん、シュピーゲルベルグの"I-am-me"experienceを(たぶん)知らないコールズには、それ以上突っ込んだ考察はない。けれども、それを差し引いても、この、The Spiritual Life of Children (1990)は素晴らしい本だ。著者も、発達心理学の本流に属する、超一流だ。それなのに、内容・著者の割には評判にならなかったのは、『植物の神秘生活』と同様のノリで訳書名が付けられたことと、出版元のニューエイジ的なイメージとがあるのかもしれない。

+++++【お願い】ウェブサイトにも著作権があります。引用の場合は「プロフィール」欄を参照して著者名を明記の上、このURLも必ず併記して下さい++++++++++

2012年7月18日 (水)

夢の現象学(52):夢でよく行く家が超越的存在性を獲得するの巻

■夢でよく行く家が独自の自己同一性(超越的存在性)を獲得する

2012年7月2日(月)。朝6時半。昨日午後、日本に帰った。夜は12時半過ぎに寝たが、30分ほどで夢を見て目が覚めた。

 下宿屋か大学の寮といった家に住んでいた。というより、家の一角を不法占拠していた。使っていたのは2部屋で、一つはベッドの部屋で、母が寝ていたようだった。夢の最初の方は憶えていない。ある日、玄関を通ると、床に大きな紙が置いてあって、「ベットの部屋を使うのをやめよ。どうしても使うなら理由を文書にして提出せよ」といった意のことが書いてあった。理由といえば、母が病気ということか、等と思ったが、無視することにした。

 寮の玄関を出て、また入ろうとすると、観音開きのドアを内側から押し開けて、巨大な茶色の犬が出てきた。夢の中ではこの犬を見知っていることになっていた。私の一倍半はありそうな図体だが、外見は愛らしい。巨犬は胸の一部に怪我をしていて、傷口から腸の一部がはみ出していた‥‥

 このあたりで、夢は終わっている。

 この、家の一角を不法占拠して住んでいる夢は、以前から繰り返し見ている。最初、その家は、大阪難波にあることになっていた。そのうち、子どもの頃に住んでいた武蔵新田の町の、吉田風呂桶屋の近くに存在することになった。今回の家は、どこにあるかは分からない。出てくるたびに、内部の構造も占拠の状態も少しづつ違うが、同じ家だと分かる。

 発端は、京都内地留学時代に、難波のUの階上に一泊した経験からだったかもしれない。この夢の家に限らず、夢の中で繰り返し出てくる非実在の家や場所や人物は、くりかえし出てくることによって、独自の自己同一性を(フッサールで言う超越的存在性を)獲得するらしい。

+++++【お願い】ウェブサイトにも著作権があります。引用の場合は「プロフィール」欄を参照して著者名を明記の上、このURLを必ず併記して下さい+++++++

« 2012年3月 | トップページ | 2012年8月 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

人文死生学研究会