« 夢の現象学(47):開封しないまま夢から醒めてしまった手紙を読む方法の巻 | トップページ | 夢の現象学(48):夢世界とは「永遠の今」の祝祭であるの巻 »

2011年7月21日 (木)

独我論の現象学(6):「独我論への/独我論からの現象学 序説」を書き始めたの巻

■「独我論への/独我論からの現象学 序説」 

 独我論の現象学を始めるときが来た。

 ここで独我論の現象学とは、二重のーー互いに方向を異にするーー運動を意味する。第一に、独我論への現象学である。第二に、独我論からの現象学である。

 独我論への現象学とは、この私が、元来は独我論的世界に誕生したことを発見するにいたるまでの、時間を遡る探究である。最初この探究は、質的心理学的であっても現象学的とはいえない方法で、なされてきたのだった。そのうち、現象学的精神医学者や (Blankenburg, 1971; 木村、1974)、現象学哲学者(Spiegelberg, 1964)の著述にヒントをえて、現象学的心理学としてやり直し(Watanabe, 2011; 渡辺, 印刷中)、ついには「developmental epoche」の世界に達するにいたった。この探究の道筋が、第一部をなす。

 独我論からの現象学とは、自明性の世界のただなかに、この私が「第二の誕生」を遂げてからの物語である。私が、本来、けっして理解することのなかった日常的自明性の世界を、いかにして、理解しうるする世界として再解釈し再構成してきたか、そして未来にもどのような再構成の可能性が展望されるかの、現象学的解明である。

参照文献

Blankenburg, V. W. (1971). Der Verlust der Natürlichen Selbstverständlichkeit: Ein Beitrag zur Psychopathologie Symptomarmer Schizophrenien. Stuttgart: Ferdinand Enke Verlag.

木村敏 (1973)異常の構造<講談社現代新書>. 講談社.

Watanabe, T. (2011). From Spiegelberg’s “I-am-me” Experience to the Solipsistic Experience: Towards a Phenomenological Understanding. Encyclopaideia – Journal of Phenomenology and Education, XV(29), 91-114.

渡辺恒夫(印刷中) 自我体験研究への現象学的アプローチ 質的心理学研究、No 11.

+++++++【お願い】ウェブサイトにも著作権があります。無断転載を禁じます。引用の場合は「プロフィール」欄を参照して著者名を明記の上、このURLを必ず併記して下さい+++++++

« 夢の現象学(47):開封しないまま夢から醒めてしまった手紙を読む方法の巻 | トップページ | 夢の現象学(48):夢世界とは「永遠の今」の祝祭であるの巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/64489636

この記事へのトラックバック一覧です: 独我論の現象学(6):「独我論への/独我論からの現象学 序説」を書き始めたの巻:

« 夢の現象学(47):開封しないまま夢から醒めてしまった手紙を読む方法の巻 | トップページ | 夢の現象学(48):夢世界とは「永遠の今」の祝祭であるの巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会