« 夢の現象学(44):出眠時非合理思考の中で私が飛翔人である世界のことを考えていたの巻 | トップページ | 夢の現象学(45):日本初のフッサール現象学流軍人と阿蘭陀婦人のロマンス小説を読む夢の巻 »

2011年5月23日 (月)

独我論の現象学(2):見られる体験のエポケー不可能性は他者の意図の知覚の本源性に基づくの巻

■視られる体験の根源性と超越的視線

フッサール『デカルト的省察』における還元によって現れる「私の固有世界」を出発点とする発生的現象学の企てで、まず問題となるのが、「視られる体験」だ。

 これについては、大学生だった頃、他者のまったき非存在を生きようとして失敗した、苦い経験がある。そのことは、青土社から出ていた、いまはなき『イマーゴ』という雑誌に書いておいたので、その頁へのリンクを貼っておく。その後、私は、独我論的体験の例からも、統合失調症患者の体験例からも、個別的他者を非存在化することが、かえって、背後からもしくは上方から、超越的視線によってみつめられる体験を生むことに、気付かざるを得なかった(渡辺、2009, p.192ff)。

 もし、他者の視線がエポケー不可能であれば、発生的現象学も挫折せざるをえない。

■他者の視線とは私に向けられた他者の意図である

 けれども、最近、『ミラーニューロンの発見』という本や、トマセロの本を読んでいて、他者の意図的行為の知覚は、物同士の因果関係の知覚と同じ程度に、知覚的経験として本源的であって、エポケー不可能ではないかという事に思い至った。

 そこからして、視られる体験のエポケー不可能性も、必然的に出てくる。視られる体験とは、他者の意図が自分に向けられることの知覚なのだ。

 つまり、視られる体験は、自分に向けられた他者の意図へと、還元できるのだ。

 フッサールの固有世界でも、他者の意図的行為の知覚は、還元されない。物の因果的知覚と他者の意図的行為の知覚こそ、根源的知覚を二分する知覚なのだ(ちなみに、単なる対応関係の知覚などというものは、知的な構成物としてしか存在し得ない)。

 従って、フッサールが類比化的統覚の根拠としたような、私の身体と他者の身体の類似性など、必要がない。そもそも私の身体と他者の身体とは、外見的にまった似ていない。似ているのは、「意図をもって動く」という点なのだ。

 従って、他者の構成としては、

①他者の意図の直接知覚

②模倣による運動的ゲシュタルト同一性の把握によって、自己の行為を意図的行為として理解

③シミュレーションによって、他者の意図的行為の背後に他者の内面を「創造」

 という三段階が、発生的現象学的に想定されることになる。

ーーーーーーーーこの項、未完ーーーーーーー

++++ブログの主の最近の関連著作++++

Watanabe, T. (2011). From Spiegelberg’s “I-am-me” Experience to the Solipsistic Experience: Towards a Phenomenological Understanding. Encyclopaideia – Journal of Phenomenology and Education, XV(29),91-114.

渡辺恒夫(2009)『自我体験と独我論的体験』京都、北大路房.

« 夢の現象学(44):出眠時非合理思考の中で私が飛翔人である世界のことを考えていたの巻 | トップページ | 夢の現象学(45):日本初のフッサール現象学流軍人と阿蘭陀婦人のロマンス小説を読む夢の巻 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/64489656

この記事へのトラックバック一覧です: 独我論の現象学(2):見られる体験のエポケー不可能性は他者の意図の知覚の本源性に基づくの巻:

« 夢の現象学(44):出眠時非合理思考の中で私が飛翔人である世界のことを考えていたの巻 | トップページ | 夢の現象学(45):日本初のフッサール現象学流軍人と阿蘭陀婦人のロマンス小説を読む夢の巻 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人文死生学研究会