« 夢の現象学(40):夢の中の風景は夢の中でしか見覚えがないの巻 | トップページ | 夢の現象学(42):澁澤龍彦と中井英夫の跡をしのぶ朧げでフラジャイルな夢 »

2011年2月27日 (日)

夢の現象学(41):またしても見覚えのない風景の中にいたの巻

■福島県南部の山間で紙製の犬と闘う

 2月23日(水)。夢を見た。福島県南部の、茨城県か栃木県との県境に近い山の中にいた。私の田舎は郡山なので、県境に近い山にも子どもの頃に行ったことがあるが、夢の中の風景は実際の記憶とは別のものだった。

 何かの団体で来ていて、一行は日本海側へ抜けるのだと言う。K・M子さん(学科の若い同僚)らしき女性が、「渡辺さんは行かないでしょうね」と、私の気力体力の状態を慮ったように先回りして言うので、もっけの幸いとその通りにして、1人で県境を越えて東京方面へ戻ることにした。

 山の中の曲がりくねった道路を行くーー歩いたのか自転車だったのかは憶えていない(すべるような速さだったので、書き記す段になって、「自転車」と解釈したのかもしれない)。県境を成すトンネルに入る。内部は自然洞窟のようで、少し行くと、横壁に、小さな穴が二つ開いている。どちらかが、県境を抜ける道なのだ。私はいったん引き返してトンネルを出た。車が来ればどちらの穴に入ってゆくかで、道が分かるだろうと、考えたのだ。

 二台の小型車が走って来た。と、車と思ったが、犬になっていた。二頭とも、一方の穴に入っていった。私は、その犬どもの後足か尻尾を掴んで引き戻した(あるいは勝手に戻ってきたのか、すでにはっきりしなくなっているが)。犬たちは怒って、飛び掛ってきた。私は犬どもの頭を、何かの棒で叩いた。

 犬たちは、紙人形製で、頭部は、御札のような形をしていた。それを、地べたへ何度も何度も、二つに裂けるまで叩きつけた。これで大丈夫、もう動かない、というところまで、叩きつけ続けた。このあたりで目が覚めた。

■レヴォンスオの「脅威のシミュレーション機構説」の例解

 現実生活では私は、およそ、「闘う」など無縁なのに、夢では当然のように闘うのだ。まさにレヴォンスオの、threat simulation mechanism の発動としての夢という理論の、例解のような夢だった。

 2日まえの、アメリカ北部に行った夢に続き、舞台設定だけは知っている筈の土地(シアトルや福島県南部)になっているのに、実際に夢に出てきたのは見知らぬ風景だった。ただし、思い出していると、似たような舞台設定の過去の夢の記憶の断片が、次々と浮かび上がってくる。福島県南部の山間に、過去の夢でも居たような覚えがあるのだ。だから、現実には見知らぬ風景だが、夢の中では、過去の夢で見たことがあると言う意味で、見知った光景のような気がしていたのだ‥‥(午前10時半。京成津田沼駅構内の喫茶にて)。

■考察ーー現実と同様、夢同士もつながりあっている

 夢の中の視覚像は現実の記憶に由来する、というのが定説だ。けれども、私の夢はそうでもなくて、風景など、圧倒的に、現実には見覚えのないものが多いのではないか、というのが、この夢と、一つ前のアメリカ北部にいた夢の考察からわかることだ。おまけに、それら、現実には行ったことのない土地、見知らぬ風景が、何度もくりかえして夢に現れてくる。

 現実同士が、たとえば昨日と今日とが、リンクしているだけでなく、夢同士も、リンクしているのだ。ただし、リンクの仕方が現象学的に異なっているので、一方の群を「現実」と呼び、他方のグループを「夢」と呼ぶのかもしれない。

:

++++ブログの主の新刊++++

『人はなぜ夢を見るのかー夢科学四千年の問いと答え』(渡辺恒夫著、京都:化学同人、2010)

« 夢の現象学(40):夢の中の風景は夢の中でしか見覚えがないの巻 | トップページ | 夢の現象学(42):澁澤龍彦と中井英夫の跡をしのぶ朧げでフラジャイルな夢 »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/64489672

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(41):またしても見覚えのない風景の中にいたの巻:

« 夢の現象学(40):夢の中の風景は夢の中でしか見覚えがないの巻 | トップページ | 夢の現象学(42):澁澤龍彦と中井英夫の跡をしのぶ朧げでフラジャイルな夢 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

人文死生学研究会