« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月の記事

2010年7月19日 (月)

夢の現象学(29):ブログ掲載済みの夢と一昨日の研究会の出来事の間にシンクロニシティが起ったの巻

■「心の科学の基礎論」研究会での神秘的な経験の巻

 一昨日は、「心の科学の基礎論」研究会に参加のため、明治大駿河台校舎まで行った。出し物は、田中彰吾さんの「身体知」と、アメリカ在住のドイツ人宗教学者Dr. Gereron Kopf による西田哲学と湯浅泰雄に関する哲学的考察という、充実した内容。

 田中さんのプレゼンで、身体知の実験例としてビデオで出てきた3つの玉によるジャグリングの実演を見ているときのこと。突然、2週間足らず前の奇妙な夢の記憶が浮かび上がってきた。この夢は、このブログの2つ前の7月4日記事「夢の現象学(27)」でアプロード済みだ。その中で、私は、両手にミカンを2つずつ、合計4つのミカンでお手玉の練習をしていたのだった。最近、ミカンによるお手玉はおろか、ジャグリングの実演さえ、TVでも現実でも見たことがない。それどころか、田中さんのビデオを見るまで、ジャグリングという言葉さえ知らなかったくらいだ。

 だから、私も、「ミカンお手玉には連想がまったくない。」と、そのブログ記事の中で書いたくらいだ。それが、ジャグリングという形で、ある意味の夢の現実化がなされているのだ。

■これがSynchronicity(意味ある偶然の一致)であることの手がかりさえ、Synchronicity(意味ある偶然の一致)として与えられていたの巻

 これが予知夢であるかどうかの考察は脇にどけて置くことにしよう。なぜなら、これをSynchronicity(意味ある偶然の一致)として理解するための手がかりが、あらかじめ、Synchronicity(意味ある偶然の一致)として与えられたからだ。開会の前、Kopfさんを囲んで、会の世話人だけでささやかな研究交流会を持った。その席でkopfさんが、 Synchronicityに興味を持っている、日本でこれについての本は出ていないか、と言い出した。私は、ユングとパウリによるドイツ語共著の日本訳しか知らないので、そのように伝えたのだった。

 つまり、この一連の意味ある偶然の一致は、次のような複雑な構造をしている。

 お手玉の夢(7月4日)→Synchronicityの話題(7月17日昼)→ジャグリングのビデオ(7月17日午後)→お手玉の夢とジャグリングのビデオの間の関係を「意味ある偶然の一致(Synchronicity)」として解釈。

■このブログを書いているのも夢の中ではないかという深刻な疑いが生じたの巻

 ‥‥と、ここまで書いてきて、このように自己言及的に出来事が起こるのは、夢世界では珍しくないこと、むしろ夢の特徴とでも言えることに気づいた。すると、この一連の不思議な出来事全体が、実は、Synchronicityという極めて抽象的な概念を図解するための、夢なのではないだろうか‥‥という深刻な疑いが生じてしまう。

 とすると、今、このブログを書いていることもまた、夢の中のことだ、ということになってしまうのだが。(7月18日夜10時)。

 

+++【お願い】ブログにも著作権があります。無断転載を禁じます。引用の場合は「プロフィール」欄を参照して著者名を明記の上、このURLを必ず併記して下さい。+++++

2010年7月17日 (土)

夢の現象学(28):遍在転生説の実験のために頭のてっぺんを針で刺して死んだの巻

■夢の中で頭のてっぺんを太い針で刺して死ぬ実験をするの巻

2010年7月14日。夢をみた。頭のてっぺんに太い鋭い針を刺して死ぬという実験をする夢だった。

 自分でやったというより、誰かにやってもらったような気もする。突き立てても痛みはない。針先の進入した頭蓋骨の内部は空気が詰まっているだけのようにフワフワしていた(なぜか第三者的視点で内部を図解していた)。さらに下へ下へと針先を進めてゆけば、延髄に達して死ぬはずだった。

 数年前、三沢というプロレスラーがリングの上で頚椎離断で死んだ時のように、呼吸ができなくなって死ぬはずだった。

 確かに、呼吸が停止したらしい。私は死んだのだろうか。遍在転生の理論によれば、死んだ瞬間に、任意の誰かとして生まれるはずだった。すると、これは、誰かとして生まれた世界なのだろうか‥‥。

 私は周囲を見回した。私は果たして赤ん坊になっているのだろうか‥‥と思いながら。

 このあたりで、目を覚ましてしまった。そしてまた眠って、別のより長い夢を見たが、こちらはキーワードをメモしていなかったこともあって、思い出せない。かえって、二度寝する以前のこの夢の方が、「頭のてっぺんを太い針で刺して」とメモしただけあって、憶えている。

■この夢のバカバカしさに気づくの巻

 朝10時。出勤前のJR津田沼駅コーヒーショップにて。思い出して書きながら、ばかげた夢だということに段々と気づいてきた。そもそも、遍在転生とは、いかなる記憶の継承もなくして、成り立つのでなければならない筈だ。純粋に論理だけに基づいて導き出される死生観だから、こんな実験とは関係がない筈ではないか。

 ソウヤーの『エクスペリメント』というSFには、AL(人工生命)を殺害することで臨死体験の模擬実験をするという、話がある。また、蛭川立氏と、明晰夢の効用には、死のリハーサルがある、といったことをだいぶ前にしたことがある。エルヴェ・ドゥ・サン=ドニ侯爵も、明晰夢の能力を手に入れてから、塔の上から身を投げるという実験をしている(もっともこれはうまく行かなかったらしい。『人はなぜ夢をみるのか』(化学同人)の第1章参照。)夢の中での死の実験は魅力的なアイデアだが、やはり、遍在転生観とは関係がない。それは、目覚めている間はわかっている筈だが、夢の中では分からなくなってしまうらしい。

 想像力では、夢>覚醒だが、論理的思考力では覚醒>夢だ。あたりまえか。

*注記 遍在転生については、著書「<私の死>の謎」(ナカニシヤ出版)か「輪廻転生を考える」(講談社現代新書)を参照して下さい。

:

+++++【お願い】ブログにも著作権があります。無断転載を禁じます。引用の場合は著者名(渡辺恒夫)を明記の上、このURLを必ず併記して下さい。+++++

2010年7月 4日 (日)

夢の現象学(27):45年前の自分がいる世界を思考実験したの巻

■「みかん投げ」ボディワークを夢の中で考案するの巻。

 その日は明け方に夢を見た。ベットサイドのノートに「みかん投げ」とだけ、メモしておいた。それから一週間近く。キーワード式夢想起法の威力で、みかん投げと言うだけで、夢の肝心な部分を思い出すことができる。
 私は、大学1、2年生の頃の、私自身が生きていた世界(京都盆地)を、基盤の上に作られた模型の町のようにして見下ろしているのだった。その頃、私は、京都で一人暮らしをしていて、これといった友人もいず、会話というものをしない毎日を送っていた(食堂での「カレー」といった注文の声は会話から除外するとして)。会話無しの連続最高記録は、23日だったと憶えている。
 こんなことにならないように、純粋の研究者の視線と化した私は、「みかんお手玉」という「ボディワーク」(?)を考案し、実践しようとしていた。両手にミカンを2つずつ持って、同時に投げて反対側の手で受け止めるというお手玉だった。難しそうだが、やっているうちにうまくできるようになった。この、ボディワークとも作業療法ともつかない方法で、大学1、2年生の頃の私のひどいコミュニケーション不全(その頃は対人恐怖と自分で呼んでいたが、今なら回避性人格障害かSAD(社会不安障害)の名がついただろう)も改善される筈なのだった。
 現在の、心理学者としての私が、40年以上前の世界を巨人のように見下ろし、若い頃の私自身に、ミカンお手玉という奇妙な心理療法を試みようとしているのだった。あとは憶えていない。

■夢は思考実験の映像化であるの巻

 目が醒めて思ったのは、これは、思考や概念作用を、映像化したものだなァ、ということだ。

 思い起こすのは、ある現象学者に最近もらった手紙だ。5月末に『人はなぜ夢を見るのか:夢科学四千年の問いと答え』(化学同人)を出版したが、出版社が硬派の理科系出版社なので、このままでは、終章の「夢の現象学」を本当に読んで欲しい哲学や文学系の読者には知られないままになってしまう。そういう懸念から、「世界としての夢」の訳者である京都在住の現象学者に、一面識もないにもかかわらず、出版社を通じてお送りしてみた。思いがけないことに、丁寧な返事と感想の手紙をいただいた(面識のない相手に本を送りつけて返事を貰うというのは、普通は期待できないことである。私自身、人から本を贈られても、申し訳ないと思いながら礼状を出さないことが少なくない)。
 その中で、夢の中の視覚的映像とは、「意味」という概念のもつ機能に近いようなものが優勢なのではないか、と述べていられるのが印象に残った。つまり、抽象的概念的意味が視覚化したのが夢の中の映像ではないか、ということだ。
 この夢などその典型のようなものだ。心理学者としての私は、巨人の視線と化して、若い頃の私が住む京都の盆地を、碁盤の上のように見下ろし、過去の私自身を、実験的な治療的実践の対象にしようとしていたのだ。まさに、思考実験の視覚化映像化である。けれども、それが、ミカンお手玉療法というのでは、苦笑するばかりだ。いったいどこからそんな奇妙なアイデアが湧いて出たのか。
 ボディーワークということで連想できるのは、最近一週間ごとに、学内での太極拳講座に通っていることだろう。ミカンお手玉には連想がまったくない。脳生理学的な可能性として、レム睡眠中のPGO波によってたまたま刺激されて出てきたミカンとお手玉を、脳が、SADの治療という思考実験と辻褄があうように解釈・変形して、挿入したのかもしれない。
 ■この夢は、45年前の若い私の惨めなコミュニケーション不全状態への治療法の考案だ。

 もちろん、この思考実験は、「もしも何らかのボディワークがあれば、45年前の私も惨めなコミュニケーション不全の状態から救われたのではないか」という、反事実条件法過去形の現在化である。けれども、この現在化・現前化は、どうやら、脳幹で発生するPGO波の刺激によってたまたま出てきたイメージを利用して、実現するらしいのだ。別の言い方をすれば、PGO波の刺激でたまたま生じたイメージに意味という息を吹き込むのが、反実仮想的な思考実験である、ということになるだろうか。2010年7月3日深夜。

++++【お願い】ブログにも著作権があります。無断転載を禁じます。引用の場合は「プロフィール」欄を参照して著者名を明記の上、このURLを必ず併記して下さい。++++

« 2010年5月 | トップページ | 2010年8月 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

人文死生学研究会