« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の記事

2009年12月20日 (日)

夢の現象学(20):栗本薫『グイン・サーガ』の中のイシュトヴァーンの独白は自我体験事例だの巻

■栗本薫『グイン・サーガ』60巻でのイシュトヴァーンの独白は自我体験事例だの巻

 グイン・サーガ128巻と129巻をたてつづけに読んだ。作者は5月に亡くなっているので、遺作である。多分、130巻が絶筆になるだろうとのこと。長い中だるみ期間を乗り越えて、このところまた面白くなってきた矢先に途絶してしまうのが惜しまれる。

 グイン・サーガは、第1巻から欠かさず読んでいた。途中、作者のヨン様ならぬナリス様ァ趣味に閉口して遠ざかっていた時期もあったが、幸いというかアルド・ナリス公が逝去してくださったお陰で、また読み続けることができた。

 グイン・サーガから離れられなかったのは、60巻で、「自我体験事例」を発見したからという理由もあった。戦士イシュトヴァーンの独白に、その「事例」がある。私は『<私>という謎:自我体験の心理学』(渡辺恒夫・高石恭子編、新曜社、2004)でも、『自我体験と独我論的体験』(北大路書房、2009)でも、これについて論じている。ここでは、後者の本から引用しよう。出版社には無断だが、自分の本から引用するのだから、許容範囲と思われる。

:::::::::::::::::::::::::::

‥‥次に掲げるのは,異世界ヒロイック・ファンタジーという,リアリズムとは最もかけ離れたジャンルの作品の一節である。これがどのように作者の実体験の投影と見なされうるかの議論は後回しにして,まず,その自我体験としての意味を考察してみよう。

【事例7-1】(グイン・サーガ事例)

 「そうなんだ……全部本当にあったことだったんだよな……何もかもだ。俺の人生……いったいなんだって,こんなふしぎな人生が俺の人生だなんてー信じられるか?俺はー俺は……何が不思議だっていって,俺が俺だってことだよ!こんな不思議なことはありゃしない。この世に何千万人の人間が生まれ,死んでゆくのに,なぜたったひとりのこの俺がー俺なんだ?俺だったんだ?」(栗本,1998, pp.28-29。傍点は原文)。

 若い世代に人気の大長編ヒロイックファンタジー『グイン・サーガ』の一場面で,若き将軍イシュトヴァーンが呟いた言葉である。若いといっても (推定年齢2324),物語の舞台になっている中世騎士物語風の世界の中では,青年期と言うよりはすでに成人期の初期であって人生の真昼間に近い。娼婦の子に生まれ,傭兵として身を起こし,波乱万丈の冒険の末,いまや王座に手の届くところに来た,生まれながらの戦士が,柄でもなくフッとわが身を振りかえり,自問したのである。

 中核となる問いは,「自己の根拠への問い」として典型的な,「なぜ自分は自分なのか」形式の問いである。

 比較のため,この形式の問いをよく表現していると思われる例を,第2章の調査事例の中から再掲しておく。

【事例2-1】たぶん小学生の高学年くらい。なぜ自分は自分なのだろう。なぜ自分になったのだろう。これからもこのままの自分なのだろうか。考えると訳がわからない。どうしてそのようなことを考えるに至ったのかはよく覚えていない。

 この調査事例にくらべると,イシュトヴァーンの問いは,前後の文脈の中に置くことによって,隠れた構造がよりよく見通せるものになっている。「なぜ私は私なのか」の問いとは,第一に,「この世に何千万人といる中で,よりによって,なぜ,数奇な運命に置かれた比類なき戦士イシュトヴァーンが私であり,他の誰か平凡な人間が私ではなかったのか?」という問いなのである。私は誰か平凡な人間のひとりでありえたはずだ。その方が確率的に納得のいくことではないか?

 つまり,「なぜ私は私?」での一方の「私」は固有名詞 (イシュトヴァーン) に置き換え可能であり,他方の「私」はそうではない。だからこの問いは,単なる同語反復ではない(第3章の「3:事例の考察」中の「自己の根拠への問い」での議論参照)。それが,引用文中で,後者の「私」に「俺なんだ?」と強調点が付けられたことで示されていると思われる。

 とはいえ,どんな平凡な人間であっても,当人にとっては,他に置き換え不可能な「たったひとりのこの私」に違いない。したがって,イシュトヴァーンの問いの構造は,事例2-1にもそのまま移し換えることができる。すなわち,「なぜ私は私であり,どうしてここにいるのか」の問いの隠れた構造とは,「なぜ日本という国の某県県某市に住むある家族の一員が私であり,(たとえば) テレビを通して写される,内戦に苦しむA国の一家族の一員が私ではないのか?」といった意味なのである。それゆえ,イシュトヴァーンの事例のように,自分が比類なき戦士であったり数奇な運命に置かれていたりといった事柄は,単に内省のきっかけに過ぎないだろう。内省的にしかその存在が体験されない無色透明の 《私》 が,同時に,地上何十億と存在する,固有名詞を備えた具体的経験的な無数の人間の中の特定の一人であるという,結びつきの偶然性が,謎として感じられているのだから。

 思うに,自己の根拠への問いを誘発したのは,イシュトヴァーンという人間の,いわば特別製の人生であっただろう。ごく平凡な一市民であったなら,このような思いとは無縁であったかもしれない。しかも,架空の戦士のこの問いが,作者栗本薫自身の問いの投影であることを窺わせる証拠にも欠けるわけではない。栗本は,「グイン・サーガ」シリーズの後書で,しばしば,世界一長い小説の作者としてギネスブックの記録を更新しつつあるという自らの人生の不思議さを思い,「思えば何と不思議な人生であることよ」と述懐している。また,中島梓名義の他の著作の中では,彼女は,作中人物のだれよりも,副主人公格にすぎないイシュトヴァーンに自己投影していると,告白している(中島,1992)。架空戦士の問いを作者の問いの投影と解釈することには,相当の根拠があるといえよう。

 つまり、自分の人生を特別視するという体験もまた、「自己の根拠への問い」の、呼び水となるということだろう。‥‥

  (『自我体験と独我論的体験:自明性の彼方へ』(渡辺恒夫著、北大路書房、2009、Pp.164-165)

:::::::::::::::::::::::::

<この項、未完>

++++ 【お願い】ブログにも著作権があります。無断転載を禁じます。引用の場合は「プロフィール」欄を参照して著者名を明記の上、このURLを必ず併記して下さい。++++

2009年12月 5日 (土)

夢の現象学(19):夢の中の存在信憑が崩壊する瞬間の巻

2009125日 夢の中の存在信憑が崩壊する瞬間の巻

明け方の夢。最初の方は憶えていない。雑誌を手にしていたが、そこには、私の書いたかなり長めの考古学論文、というか一般向きの記事が載っているのだった。けれども、ある人物がそれを無視するといった他愛もない理由で、ひどく腹立たしかった。おまけに雑誌の表紙は、プリントミスのような汚れがあって、私の名がはっきり読み取れるか読み取れないかの境目の状態だった‥‥

 と、ここで目が醒めた。そして、私の書いた考古学記事など実在しないことに気づいた。夢の中のものについての存在信憑が、めざめと同時に、軽い失望を伴ってあっけなく崩壊したのだった。

 まもなく私は再び眠り込み、また夢をみた。そして、なんと、その夢の中には、再び同じ雑誌掲載の考古学記事が出てきた。つまり、夢の続きを見たのだった。

 最初の夢の直後に考古学記事の存在信憑が崩れる瞬間を、軽い失望感を伴って体験したにもかかわらず、その続きの夢では、そんな体験などなかったように、当然のように存在信憑を伴って考古学記事が出てきたことを、あとで目覚めて面白く思ったのだった。

 ちなみに考古学はまったく畑違いの分野だが、グーグル検索よろしく「考古学 夢」で連想検索をかけると、京都の北山でなにやら考古学調査をしていた夢から始まって、大昔(平安時代?)の京都から伊勢へと、さらに東国へと下る街道(松並木があった)を通り、関東地方へと調査の足を伸ばすという、空間的にも時間的にも範囲の大きい夢系列が、切れ切れに思い浮かんでくる。まるで、夢の彼方にそのような時空間が実在していて、これら切れ切れの夢の記憶は、そこからの断片的な情報、といった気がするのだ。

■■■ お願い】ブログにも著作権があります。無断転載を禁じます。引用の場合は「プロフィール」欄を参照して著者名を明記の上、このURLを必ず併記して下さい。■■■

夢の現象学(18):夢は明日へのシミュレーションというより「昨日はこうすればよかったのに」というリプレイではないかの巻

20091129日。

■寒くなると滞りがちな久しぶりの夢日記の巻

 なぜか国語の授業らしきことをしていたが、生徒は東邦大生命圏環境科学科の学生だった。稲垣足穂と萩原朔太郎について、来週発表せよという課題を出していた。クラスは5人しか居なかった。2人は女子、3人は男子で、目下、実験実習をやっている3年生らしかったが、誰とははっきり思い出せない。

 「稲垣足穂を誰か‥‥」と割り当てようとして、paiderasteiaが出てくるから男子はまずいと考え、女子3人に割り振った(『一千一秒物語』なら無難だから男子でもよかったかな、などと考えながら‥‥)。

 残りの男子3人には、萩原朔太郎を割り当てた。

 こんな夢だった。

■半睡半醒状態での非合理思考の巻

 目覚めて、「夢はシミュレーション説」の例解みたいな夢だ、と思った。全くのところ、翌日の予行演習ではないか。ただし、レヴォンスオの言うthreat simulationとまでは行かないが‥‥等などと。

 起き上がってから、そもそも国語の授業などやっていないので、シミュレーションにも予行演習にもならないと気づいた。よくある、半睡半醒状態での、非合理思考だ。

■夢は明日へのシミュレーションというより「昨日はこうすればよかったのに」というリプレイではないかの巻

 むしろこの夢は、被験者をクラスの誰に割り当てるかという、最近の実験実習科目での問題と、稲垣足穂を事例としてプレゼンした一週間前のトランスパーソナル心理学/精神医学会と、さらに萩原朔太郎が出てくるもう一つの別系列の出来事との、3つのテーマ系列の混交ではないか。

 つまり、最近のいろんな関心事が、ごたまぜになったリプレイだ。夢は、明日へ備えるシミュレーションというより、「昨日はこうすればよかったのに‥‥」「おとといはああすればよかったのだ!」という、複数の事象系列の入り混じった、反省と悔恨に満ちたリプレイだ。ただし、以前の記事でも書いたことだが、夢には反事実的条件法がないから、リプレイを現実として体験して今しまう。

 こんな、「過去リプレイ」にも、レヴォンスオ(2000)流の進化生物学的アプローチを当てはめるならば、threat simulationと同様、survival valueがあって進化した、ということになるのだろう。

 夢は、threat simulation and threat replay mechanismの発動ではないだろうか

(午後1時ごろ。稲毛海岸へ向かう京葉線の電車にて。)

20091130

 月曜日。かねて電話で予告を受けていたが、明治学院高校の1年生4人の来訪を受ける。情報科学の調べ学習ということでの取材だそうだ。年に1~2回の割合で、綜合科目での取材で中学生が来るが、高校の調べ学習というのは初耳だった。

 中高生を相手に夢の話をするのは自分の考えを整理するのに役に立つし、過密スケジュールを縫ってでもなるべくこの種の取材は受けることにしている。が、いつもチョッピリ残念に感じるのは、この子たちが大学生になるころには、私は大学にはいないということだ。

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。無断転載を禁じます。引用の際は、「プロフィール」欄を参照して本ブログの著者名を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

人文死生学研究会