« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月の記事

2009年7月21日 (火)

夢の現象学(7):学生の夢記録レポートを読むの巻。体験世界において私は他者たちの中の一人の他者であるの巻

■学生の夢記録レポートを読むの巻

 6月の北欧の学会(IHSRC)から戻って息継ぐ暇もなく、8月のカナダでのAPAの準備にとりかかったりしてすっかり遅れてしまったが、5月に出題して6月はじめに回収しておいた夢記録レポートを、読んでいるところだ。

 毎年、教養心理学の講義で出題しているこの夢記録に、すべて目を通すのは(100人分はあるので)ひと苦労だけれども、色々と教えられる興味深いレポートにめぐり合うという楽しみもある。

 そんな中から紹介する。もっとも、プライヴァシーの保護のため、前後の脈絡から切り離して、断片のみの紹介になってしまうが。

■体験世界において私は他者たちの中の一人の他者であるの巻

 「‥‥今まで見た夢の中では、必ずといっていいほど自分が夢の中の登場人物として出てきて、しかもその映像が普段見てる映像ではなくて、第三者からの目線で見ているような感じで‥‥」

 夢の現象学(6)で、第三者視点の夢の存在から示唆されることとして、自分の体験世界の中では私は他者たちの中の一人であることがある、という話を書いたが、この夢はまさにその例証だ。

 ここで、「普段見ている映像」とは、マッハの自画像のような映像ということだろう。つまり「頭のない私」(Harding, D.E., 1972)、「背中のない私」(ニキ・リンコ、2000)の映像だ。

 けれども、これが普段見ている映像であることに気づくには、いささかの認識論的緊張(もしくは現象学的還元?)を要する。その証拠に、自画像を描くように指示すると、必ずといってよいほど、鏡映像か背後から見た想像上の自己像を、つまりは「頭のある私」「背中のある私」を描いてしまうことからも察せられる。

 ちなみに、昨年から始めた環境心理の講義では、最初の時間にマッハの自画像を見せ、自分というものはこのような見え方をしている筈だから、このような自画像を描いてくるようにという、宿題を提示するようにしている。

 けれども、「第三者目線の夢」の頻発ぶりからして、「他人たちの間の一人の他人」という私のあり方とは、単なる概念的図式というより、「世界内存在」(ハイデガー語はあまり使いたくないのだが)の一つの様相なのではないかという、気がしてくるのだ。

*2009年7月21日 この項、続く*

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。無断転載を禁じます。引用の際は、本ブログの著者名(渡辺恒夫)を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■ 

 

2009年7月13日 (月)

夢の現象学(6):夢の中で他の誰かになるの巻、夢が体験世界の潜在的構造を顕在化してくれるの巻

■夢の中で他の誰かになるの巻

 「心理学実験室」にいた。

 現実の実験室とは全くことなり、畳敷きの部屋が二つ並んでいるだけの民家のような建物だった(私は夢の中でたびたびこの「心理学実験室」を訪れているが、そのたびに様子が変っている)。

 私は昼間から奥の部屋に布団を敷いて寝ていたようだった。すると、突然、外から知り合いの女性編集者が訪問してきた。障子ごしに、「ウフフ、先生、何してるんですか」といった、笑い声がした。

 ここで、どうやら私は日本ユング派の総帥だった「K元長官」になってしまっていたらしい。K元長官として、以前も小鳥の餌を食べているところを、別の女性編集者に見られて笑われたことを思い出した。思い出しながら、別人の客観的視点でK元長官を見て、いかにも日本ユング派らしい、などと、解説するように考えていた‥‥

■夢が体験世界の潜在的構造を顕在化してくれるの巻

 目下読んでいるDreaming, Reality and Allusion: An existential-phenomenological inquiry, by P. Erik Craig (1987) によると、夢の現象学的探究によって、世界内存在の隠れた構造が顕在化されるのだという。

 この夢がまさにそうだ。「なぜ他の誰かが私ではないのか」という疑問が、心理学的には「自我体験の問い」、哲学では「意識の超難問」なのだが、夢の中では往々にして私は「他の誰か」なのだ。

 夢を手がかりとして、体験世界を幾つかに分類しよう。

(1)Foulkesによると、幼い子供の夢には、自分が出てこない映画を見るようなものが多いという。これは、自己意識形成以前の主観的世界を表現していると思われる。

(2)同じく、7~9歳ごろまでに、自分が主体となって活動している夢を見るようになるという。これは、私が多数の自己たちの間の一つの自己であるという、日常的に自明な世界が成立したことを意味する。

(3)日常的に自明な世界では、「渡辺恒夫は私である」のは自明だが、どうやら「他の誰か」も私になるらしいのだ。心理学的には「同一化」と言い、感情移入の能力とも密接な関係があると思われるのだが。とにかく、体験世界の潜在構造としては、渡辺恒夫だけでなく、他の人間も私になりうるらしい。

(4)自然発生的な現象学的還元を受けた世界。マッハの自画像のように、自己を中心として同心円状に構造化された世界だ。一見、(1)の復活のようだが、世界の中心としての自己の有無は大きな相違点だ。

(5)自己のいない、物理的近代科学的な宇宙像。科学による構築物だが、これを真なる実在世界そのものと取り違えている人も多い。

 *2009年7月13日 この項、続く*

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。引用の際は、本ブログの著者名(渡辺恒夫)を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■ 

 

 

 

2009年7月 7日 (火)

夢の現象学(5):北欧の学会で日本の現象学者と対話するの巻・フッサールの示唆した体験世界の二重構造がより明瞭に認められる夢の巻・夢とその背景世界の関係は回想と現実世界の関係に似ているの巻

■北欧の学会で日本の現象学者と対話するの巻

 フィヨルドに面した北欧の町で行われた、国際人間科学研究会議(IHSRC)に参加して、622日に帰ってきた。私の研究発表は、前のブログにも書いたように、『自我体験と独我論的体験:自明性の彼方へ』(北大路書房)の英文要約版。下に、PDF版を貼っておく。http://homepage1.nifty.com/t-watanabe/FromSpiegelbergpreprint.pdf

 この学会は2度目だが、今回は、現象学の哲学者の竹田青嗣さんや西研さんらも来ていて、有益な意見交換ができた。

 その西研さんに、「自我体験・独我論的体験とは、自己が中心になっている主観的世界と、その中にあっては自己は多数の自己たちの間の一つの自己にすぎない客観的世界との、矛盾の体験です」と話した。すると西さんは、「そのような二重構造が普遍的に誰にでもあるという確信こそが、フッサールが現象学的還元によって到達しようとしていたところではないでしょうか」と言ったような意味の答えを返した。

 この二重構造が認められる夢を、最近見たので、記しておく。

■パリ***精神分析研究所という題名の物語の夢

 パリ*(人名)*精神分析研究所というタイトルの、映画かテレビドラマが始まっていた。正確に言えば、「映画」「テレビドラマ」というのは目覚めてからの解釈・合理化。単にそのような題名の「物語」が夢として、もしくは夢の中で、始まった、というべきか。

 何人かの「所員」が歩いて登場した。郊外の公園を背景にした場面設定で、その公園(らしき)地区の奥にある建物を、なぜか私は、他の夢の中で来訪したことがあるような気がしていた。

 私は、所員の一人らしく、同時に、物語の観客として上からの視線で見下ろしているという、夢によくある二重性をもって現存していた。所員の一人である私は、他の所員(所長の次の年輩者)に近づき、個人的な相談をもちかけて、精神分析的なアドヴァイスを受けるのだった。相談内容はかなり深刻で、目下Sさんに相談中のことと関連があったような気がした。目覚めた瞬間にはその内容を憶えていたような気がしたにもかかわらず、今は全く思い出せない。

 所員たちの一人は女性で、他の一人は、(昨日英会話スクールで会ったインストラクターに似ている)黒人系だった。所員たちは、少しずつ入れ替わりながら、場所の中央に登場していた。場所というより、「画面」であって、画面中央には、タイトルの文字が白く表示されているのだった。それで所員たちは、文字に隠れたりまた現れたりしていた。一方、私は、相談した年輩所員のアドヴァイスの的確さに、畏敬の念を覚えていた‥‥。あとは憶えていない。多分、この辺で目覚めたのだろう。(625日早朝)

■現象学的考察(1):夢ではフッサールの示唆した体験世界の二重構造がより明瞭に認められるの巻<BR> 一方で私は、世界を、「物語」として、客観的に見ていた。その物語の中では私は、多数の所員たちの中の一人の所員に過ぎなかった。他方、私は、まさにその当の所員として、世界を体験的に生きていた。これは、よくある夢の二重構造だ。

 夢として回想すれば、このような二重視点は、矛盾として意識される。ところが、現実世界の中で私は二重視点を生きているにもかかわらず、矛盾として意識することが滅多にない。

 この解きがたい矛盾を、メルロー・ポンティの言葉を借りて、両義性、と表現したがる人もいるかもしれない。そう表現したからといって、何の解決になるわけでもないのだけれども。

 ともあれ、夢が、現実世界の構造上の暗黙裡の矛盾を、明瞭に見せてくれるのだ。

■現象学的考察(2):夢とその背景世界の関係は回想と現実世界の関係に似ているの巻

 この夢は、今まで見てきた幾つかのフランス留学関係の夢と、続き物をなしているような気がした。少なくとも夢の中では、今までのフランス留学関連の夢が、その背景的世界を構成していたような‥‥。

 西さんは、また、現実は連続しているが、夢は単発だ、それが現実と夢の確信度の違いではないか、といった意味のことを言っていられた。この夢を記録しながら考えたのは、夢には純然たる単発の夢もあれば、いくつかグループを成している夢もある、ということだった。

 この夢は、他のフランス留学関連の夢とグループを成していて、それら他の夢が構成する世界が、背景世界となっている。そこに、現実とは独立な確固たる世界の存在確信があって、個々の夢は、その独立した世界から、部分的にそのつど汲み出されたもののように思えるのだ(その世界の中では、実現しなかったフランス留学は、もちろん実現しているし、中世の風景の中を歩いてスイスの近くまで行っているし、ロシアの近くまで行ったような‥‥)たとえ、この現実のように、一日が時系列的に次の一日と、矛盾無く連続しているということがなくとも。

 ただし、この現実の方も、たとえば40年前のことを回想する時には、「40年前に起こったあのこと」に関係する思い出を、片っ端から、時系列など無視して想起するのだから、背景世界に対する個々のエピソード記憶の関係の構造は、この夢の場合と似たようなものになる。

 ある種の夢と、過去の回想とは、背景世界に対する共通の構造がある。夢とは、別の世界からの、「想起」なのではないだろうか。(625日)

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。引用の際は、本ブログの著者名(渡辺恒夫)を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■

2009年7月 6日 (月)

夢の現象学(4):エベレストの山頂のラマ教寺院にて

■エベレスト・ラマ教寺院・O氏・彫像という4つのキーワードの巻

 夢を見たが、外国出張の準備で忙しくてすぐ記録を書くことができず、「エベレスト・ラマ教寺院・O氏・彫像」の4つのキーワードのみ、書き留めておいた。それが、612日頃だった。<BR> その4日後、モルデのホテルで、キーワードを手がかりとして、ほぼ完全に記憶を蘇らせて書いた記録。

 大学の研究棟のような建物にいた。これまで夢の中でよく訪れた建物だ。高知大学の人文棟を思い起こさせる。

 その夢で訪れた建物は、これまでとは打って変って、ラマ教寺院ということになっていた。窓外をみると、そこはエベレストの山頂なのだった。但し、窪地になっていて、丁度、火口の中にいるように、険しい峰峰が、内輪山といった具合に取り巻いている。

 一本の草木も無い、黒ずんだ茶色の岩肌が、大波をなして何重にも建物を取り巻いている。なんとも物凄い光景だった。

 しかもその内輪山(?)全体が、ラマ教寺院の建設者が、削った岩を積み上げて築き上げた、ということになっていたようだ。

 建物の内部は、寺院らしく、岩を彫り上げた四天王や十二神将のような彫像が、多数、岩床から直接生えていた。

 なぜかそこに、O氏(高知大で同僚だった中世哲学研究者)も出てきていたような‥‥

■現象学的考察(未満)

 大学の研究棟のような建物は、そもそも高知大学の人文棟が元になっているのだろうけれど、夢で訪れるたびに少しずつ様子が変って、今ではかなり違った建物になってしまっている。

 それがラマ教寺院ということになっているのは、チベット問題が、日ごろ、気にかかっていたのだろうが、なぜ、その夜、結びついたのかは分からない。PGO波によって偶々、刺激された、とでも考える他、ないのだろうか。

 その後、ラマ教寺院→エベレストと結びついたが、なぜエヴェレストの山頂が、火口底のようだったのか。強いて連想すれば、昨年初めて見た、伊豆大島は三原山の噴火口がそれだろう。

 最後に出てきたO氏は、元々、ラマ教寺院の元が高知大学人文棟だからだろう。けれども、なぜO氏で、他の人ではなかったのかを、説明することは全くできそうもない。

 この夢を記録する気になったのは、窓から見たエベレスト火口内(?)の光景が、何とも物凄かったからだ。が現象学的考察と言うに値するような考察はできない。

 ただ一点。夢の中で、訪れるごとに姿を変える、大学の研究棟様の建物は、元は高知大学のものと思しいが、すでに独立の、夢の中の背景的実在というにふさわしくなっている。

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。引用の際は、本ブログの著者名(渡辺恒夫)を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会