« 夢の現象学(2):夢の文法に仮定法がないの巻 | トップページ | 夢の現象学(4):エベレストの山頂のラマ教寺院にて »

2009年5月26日 (火)

夢の現象学(3):目覚めても暫くは夢の中の信念が残存したの巻・『自我体験と独我論的体験:自明性の彼方へ』が出版されたの巻

■目覚めても暫くは夢の中の不条理な信念が残存したの巻■

5月20日(水)朝。
 チベット文化に貢献した日本人芸術家の実話に題材を求めた英語の小説を読んでいた。長年チベットに住み着き、寺院建築に透かし彫りを加えたのだ。
 透かしりは天女の帯のようだった。おまけにその部分を読んでいると、ダダダダ~ンと効果音が高まるのだ。そのうち、目が醒めた。
 目が醒めて暫くは、実在とおぼしい日本人彫刻家のことは、よく知っているつもりだった。が、次第次第に分からなくなってきた。河口慧海だったかなア。けれど、彼の事績はチベット大蔵経を持ち帰ったことにあったので、彫刻ではなかったはずだ。すると、誰だろう‥‥。
 結局、英文小説のモデルとなった日本人彫刻家とは、どうやら実在しないと認めざるをえなかった。夢から醒めても暫くの間は、夢の中で信じていたことを信じ続けた、という例だった。
 このような事態が昼間まで続くと、夢と現実の区別がつかない、という状態になるのだろう。夢を現実と間違えて騒動を起こすというは、老年性の認知症にありがちなことだ。

■ 「自我体験と独我論的体験:自明性の彼方へ」が出版されたの巻

『自我体験と独我論的体験:自明性の彼方へ』(渡辺恒夫著、北大路書房)が出版されたという知らせがあった。出版社のインフォメーションにリンクを貼っておく。これに併せて、私の私的サイトの方にも、「あとがき」 の一部に加えて詳細目次をアップロードしておいた。

 また、その英語版ともいうべき、”From Spiegelberg's 'I-am-me' experience to the solipsistic experience"を、6月に北欧で開催されるIHSRC(International Human Science Research Conferenceで発表すべく準備中なので、完成したらこれもアップロードしたい。日本語版の方が、現象学関連の術語を一切使わずに現象学還元を密かに行っているのに対して、現象学的方法を前面に出したものになりそうだ

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。引用の際は、本ブログの著者名(渡辺恒夫)を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■

 

« 夢の現象学(2):夢の文法に仮定法がないの巻 | トップページ | 夢の現象学(4):エベレストの山頂のラマ教寺院にて »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/64489438

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(3):目覚めても暫くは夢の中の信念が残存したの巻・『自我体験と独我論的体験:自明性の彼方へ』が出版されたの巻:

« 夢の現象学(2):夢の文法に仮定法がないの巻 | トップページ | 夢の現象学(4):エベレストの山頂のラマ教寺院にて »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会