« 多元主義のメタ心理学的基礎:人間一般などという概念は存在しない | トップページ | 夢の現象学(-6):反省的自己意識なき心の想像は可能か? »

2008年11月30日 (日)

夢の現象学(-7):ブログに夢日記を書く夢を見た

2008年11月30日

 ブログに夢日記を書いている夢を見た。日曜なので一度目を覚まし、二度寝をして見た夢だ。フランス語の長大な書物が出てきた。何卷もある本が棚に並んでいた。あるいは、壁面に書かれていたような気もする。サルトルの『存在と無』かプルーストの『失われた時を求めて』のようだった。前者は学生時分に松浪信三郎訳で一気に読んだが、原文は比較的最近、拾い読みした程度。プルーストにいたっては、一巻途中で挫折している。

 それはともあれ、夢の中ではその長大な物語には、世界の秘密が解き明かされていることになっていた。私は勇を振るって読み始めた‥‥。

 世界の秘密が説き示されている長大なフランス語の物語を読み始める、という夢は、かつて何度か見たことがある。最近見るのは十年ぶりぐらいだろうか。この夢を思い返していると、たいてい、芋蔓式に、火星からのロケット攻撃を受けようとしている不安に満ちた未来社会の情景が思い出されてくる。ロケットは金太郎飴のようなケバケバシイ色をしていた。実際に攻撃を受ける一歩手前の段階で、不安な予兆が夢の中の世界全体に満ちていた。次の場面では、なぜか、火星への宇宙船の中にいた‥‥。

 この夢を思い出すと、たいてい、さらに別の夢の記憶が手繰り寄せられてくる。さらにはるかな遠い未来、銀河系外を進む巨大な宇宙船の中にいるのだった。ホールのような場所で、壁面のスクリーンには遠方の銀河団が映し出されていた‥‥

 以前から思っていたことだが、夢の記憶は夢の記憶同士で、現実記憶とは別の場所に、まとめて仕舞い込まれているらしい。だから芋蔓式にいくつも出てくるのだろう。(夕、4時半。市図書館にて。)

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。引用の際は、本ブログの著者名(渡辺恒夫)を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■

« 多元主義のメタ心理学的基礎:人間一般などという概念は存在しない | トップページ | 夢の現象学(-6):反省的自己意識なき心の想像は可能か? »

哲学」カテゴリの記事

心理学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/64489514

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の現象学(-7):ブログに夢日記を書く夢を見た:

« 多元主義のメタ心理学的基礎:人間一般などという概念は存在しない | トップページ | 夢の現象学(-6):反省的自己意識なき心の想像は可能か? »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

人文死生学研究会