« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月の記事

2008年11月30日 (日)

夢の現象学(-7):ブログに夢日記を書く夢を見た

2008年11月30日

 ブログに夢日記を書いている夢を見た。日曜なので一度目を覚まし、二度寝をして見た夢だ。フランス語の長大な書物が出てきた。何卷もある本が棚に並んでいた。あるいは、壁面に書かれていたような気もする。サルトルの『存在と無』かプルーストの『失われた時を求めて』のようだった。前者は学生時分に松浪信三郎訳で一気に読んだが、原文は比較的最近、拾い読みした程度。プルーストにいたっては、一巻途中で挫折している。

 それはともあれ、夢の中ではその長大な物語には、世界の秘密が解き明かされていることになっていた。私は勇を振るって読み始めた‥‥。

 世界の秘密が説き示されている長大なフランス語の物語を読み始める、という夢は、かつて何度か見たことがある。最近見るのは十年ぶりぐらいだろうか。この夢を思い返していると、たいてい、芋蔓式に、火星からのロケット攻撃を受けようとしている不安に満ちた未来社会の情景が思い出されてくる。ロケットは金太郎飴のようなケバケバシイ色をしていた。実際に攻撃を受ける一歩手前の段階で、不安な予兆が夢の中の世界全体に満ちていた。次の場面では、なぜか、火星への宇宙船の中にいた‥‥。

 この夢を思い出すと、たいてい、さらに別の夢の記憶が手繰り寄せられてくる。さらにはるかな遠い未来、銀河系外を進む巨大な宇宙船の中にいるのだった。ホールのような場所で、壁面のスクリーンには遠方の銀河団が映し出されていた‥‥

 以前から思っていたことだが、夢の記憶は夢の記憶同士で、現実記憶とは別の場所に、まとめて仕舞い込まれているらしい。だから芋蔓式にいくつも出てくるのだろう。(夕、4時半。市図書館にて。)

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。引用の際は、本ブログの著者名(渡辺恒夫)を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■

2008年11月17日 (月)

多元主義のメタ心理学的基礎:人間一般などという概念は存在しない

2008年7月27日(日)

 3つばかり前の記事「チベット問題に寄せて」の末尾では、カナダの若手心理学者に誘われて心理学における多元主義のメタサイエンス的な根源について書いているという話をした。それが、ようやく、形を成したので、リンクを貼っておく(2009年8月9日の注:アメリカ心理学会APAでのシンポジウム時の発表論文に差し替えておく)。
 いちおう、カナダに送っておいたが、陽の目を見るかとうかはわからない。
 心理学における多元主義の根源は、人間一般などというものは存在せず、「自己」と「他者」があるのみだという、現象学的に自明な事実にある。さらに言えば、他者一般などというものも存在せず、「親しい他者」と「見知らぬ他者」があるだけなので、「人間」という概念は、一人称(=自己)、二人称(=親しい他者)、三人称(見知らぬ他者)の異種混交物、アマルガムだということになる(これについては、『構造構成主義研究2』(北大路書房、3月刊)の中の「構造構成主義か独我論的体験研究か」という論文でも、触れおいた。
 今回の英文論文の結論では、それとどまらず、人間一般などという概念がありえないという事実が、心理学や社会科学にとってだけではなく、日常生活や政治にとっても意味あることを、示唆しておいた。
 じっさい、人間という概念が一人称的と二人称的と三人称的の異種混交物であるならば、その最基底層は二人称的ということになるのだから、自民族中心主義を克服するのはたやすいことではない分かるだろう。私たちには、「人間」の典型を、幼い頃の親しい他者によって形作るという、抜きがたい傾向がある、ということになるのだから。
 したがって、この論文の末尾では、自民族中心主義を、世界市民といった透明で普遍的な視線でもってやみくもに批判するのではなく、お互いの自民族中心主義を尊重しあことこそが、その克服の道であることを、説いておいた。お互いに尊重しあわれた自民族中心主義は、もはや自民族中心主義ではなく、多元主義そのものなのだから。

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。引用の際は、本ブログの著者名(渡辺恒夫)を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■

2008年11月 9日 (日)

夢の中での学会に黒田正典先生が……

2008年11月8日(土)。朝。夢を見た。黒田正典先生が学会か研究会で高知に来ていた。私はまだ高知に居ることになっていたようだった。数人しか来ない寂しい会で、旅館のような場所だった。他に、東邦の情報科学科のK教授も居た(デタラメな人物配置だ)。

 話題は、来年にAPAが佐倉で開催されることになったことで、それなら日帰りで家から通える、などと考えた(か、口に出していったかははっきりしない)。学会が終って雑談といった雰囲気で、旅館の畳敷広間で食事をしているのだった。それも終りが近づいた。黒田先生はその旅館に泊まっているらしかった。「明日は何時ごろお帰りですか」と尋ねた。十時ごろ、という答だった。私は見送っていきたかったのだが、遠慮して「明日はちょっと用事があるので」と言ってしまった。

 席をはずし、念のため手帳を繰って見た。去年の手帳なので、曜日間違いを起こす恐れがあったが、それでも、明日土曜には予定は載っていなかった。「{かつては鉄道だったが}今は飛行機だからなあ、と、そばにいる誰かに、言い訳がましく言った。「ああ、高知の空港は行ったらなかなか戻ってこれないからな」と、その誰かが答えた。

 広間に戻ると、もう誰も居なかった。旅館の女の人に「あのお年寄は」と尋ねると、あそこに居ると答えた。なるほど、広間の向う側の外が崖になっていて、そこに居た。戻ってきたので、別れの挨拶をした。そこで目が覚めた。

 目覚めのあとの気分は、懐かしさと寂しさの入り混じったものだった。こんなに迫真的に夢にみるなんて、まさか、今年92歳の先生に何かあったのジャアないだろうな……

 もう一つ、この夢の前の夢が思い出された。別の学会に出ていて、フランス語で原稿を準備してきたのに、公用語が英語だけと分かって、急遽、英語でアドリブ翻訳して口頭発表していた。

 この夢の特徴は、ホブソンがいっていた、見当識の喪失だ。20年前に去ったのにまだ高知に居ることになっていたり、それでいて佐倉で学会があるから日帰りできると思ったり。

 この夢にもフロイの言う「昼間の残りもの」がある。APA(American Psychological Association)が佐倉で来年ある、というのは、前日、来年トロントで開催のAPAシンポジウムへの返事を、友人にメールしたからだ。トロントが佐倉になったのは、心理的な近さで共通点があるからだろう。とにかく、見当識の滅茶苦茶な、いかにも夢らしい夢だった。

 それにしても、日本の心理学界からはさっぱりお呼びがかからないのに、外国の学会からお呼びがかかるとは、おかしなものだ。一面、よくある話でもある、などと考えてしまった。

 なお、7/27付記事「多元主義のメタ心理学的基礎」でリンクを張っておいた英文論文をAPAで使うことになりそうなので、念のため削除しておく。その代わりといっては何だが、一昨日に公式サイトにアップローしておいた「環境科学とはどのような科学か」という論文へのリンクを張っておきたい。ちなみに、こちらの論文は、昨日(11/8)の「心の科学の基礎論研究会」で発表したものだ。

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。引用の際は、本ブログの著者名(渡辺恒夫)を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人文死生学研究会