« 遍在転生論について、メールでの質問への答え | トップページ | モンドリアンの絵のようなパソコンウィルス »

2008年9月28日 (日)

地底の湖で植物=人間に出会う

2008年9月28日(日)

夢を見た。地底深くの湖があった。正確には地底深く湖の化石がうずもれていた、と書くべきか。大きさは体育館がすっぽり収まるくらい。そこに、水を注ぎいれる実験をしていたような記憶がある。湖の様子は、ガラス越しに、ちょうど水族館で水槽を見るように、見えるのだった。

 湖底は、地層がむき出しになっていた。中に、一ところ、緑色の斑点の入った層があった。注がれた水がその層のところまで浸す。すると、緑色の範囲が拡がり出す。何かの植物がよみがえり、繁殖を始めたのだ。私はいつのまにか湖の水中を、潜水具(らしきもの)を付けて遊泳していたのだが、身体にも藻のようなものが絡みつき出した。どんどん増えてくる。しかも、藻類は、知能をもっているらしい。「植物人間」という言葉が思い浮かぶ。

 そこで、目がさめた。胸がドキドキしていた。書いてみるとたいしたことがないようだが、夢の中では、藻類に絡みつかれて、パニックになっていたのだ。

 目が醒めた直後は、完璧に筋の通った見事なSFを夢の中で作り上げた、と、思い込んだのだった。ところが、全体を思い返してみても、少しも辻褄のあった、まとまったストーにならない。このままでは記憶から完全にするりとぬけ落ちてしまう、といささか焦って、とにかくも書き出したら、以上のような貧弱でわけのわからないものになってしまった。

 夢を覚えておくのが難しいのは、パラドックスが多く含まれているからかもしれない。エッシャーの不可能図形はちらと見る分には、見ることは可能だ。けれども、よく見ると、直視することが不可能だと分かってくる。それと同じように、夢の中の筋立てや構成要素もまた、覚えているつもりでも、思い出そうとすると、それが不可能だと分かる、ということだろう。

 この夢にも、色々とパラドックスが含まれている。たとえば、湖全体が化石とはどういうことか。なぜ、藻が増えて身体にドロリと絡んできただけで、植物=人間と分かるのか。夢の中にいる間は、そして目覚めた直後には、理由が分かっていたはずだが、思い返そうとしても、不可能図形を直視する場合のように、うまくいかない。

■■■【お願い】ブログにも著作権があります。引用の際は、本ブログの著者名(渡辺恒夫)を明記し、併せてURLも必ず書き添えてください。■■■

« 遍在転生論について、メールでの質問への答え | トップページ | モンドリアンの絵のようなパソコンウィルス »

心理学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501358/64489533

この記事へのトラックバック一覧です: 地底の湖で植物=人間に出会う:

« 遍在転生論について、メールでの質問への答え | トップページ | モンドリアンの絵のようなパソコンウィルス »

電子ジャーナル:こころの科学とエピステモロジー

ブログの主の最新刊

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

人文死生学研究会